コラム

 公開日: 2016-07-08 

贈与税の配偶者控除の特例とは

贈与税の配偶者控除の特例とは、
配偶者が居住用不動産の購入または、
その建築資金を贈与されたときに
贈与された金額から2,000万円まで控除することができるという制度です。

贈与税は、
相続税を補う税として設けられているものですが、
配偶者間の贈与については特別な措置が取られます。

なお、この制度による贈与については、
110万円の贈与税の基礎控除
(生前に財産を分けるときに必要な「贈与税」とはどんな税金か参照)
との併用ができるので、合わせると年間2,110万円まで贈与税がかからないことになります。

ただし、
贈与税とは別に
不動産の取得にかかる不動産取得税、登録免許税などの費用がかかることに注意が必要です。

ここからは、贈与税の配偶者控除の特例について詳しく説明をしていきます。

 配偶者控除の適用要件

 ・ 婚姻期間が20年以上であること
 ・ 今までに配偶者控除を受けていないこと(同一夫婦間で1度だけ適用可能)
 ・ 贈与財産は、居住用不動産、または居住用不動産の取得資金のいずれかであること
 ・ 贈与税の申告をすること
 ・ 贈与を受けた年の翌年3月15日までに贈与された、
または取得した居住用不動産に居住して、その後も引き続き居住する見込であること

 配偶者控除の特例を適用したときのメリット

 [相続税対策]

贈与税の配偶者控除を適用した贈与のうち、
この特例により控除した金額部分については、
相続開始前3年以内の生前贈与の加算対象にはなりません。

たとえ、贈与をした年に相続開始となってしまった場合でも、
特例の適用が認められることになります。

 [所得税対策]

この特例を適用して、居住用財産を夫婦の共有財産にしておくと、
将来自宅を売却する際に、
居住用財産の売却益に対する3,000万円の特別控除という特例を
夫婦で適用することができるため、合計で6,000万円の売却益まで税金がかからなくなります。

3,000万円の特別控除の特例は、
土地の場合、家屋とともに譲渡する土地に限られるため、
居住用不動産を配偶者に贈与する時には、家屋部分も贈与しておくことが必要になります。

なお、贈与税の配偶者控除については、相続税対策によく使われます。
しかも、贈与をする際に、何を贈与するかによって納税額が変わります。
財産を多く持っている人は、「どの財産」を「いつ」、「だれに」、「どれくらい」贈与すればよいのか、
専門家に相談のうえで、事前に把握しておくことが必要です。

この記事を書いたプロ

税理士法人パートナーズ 松山事務所 [ホームページ]

税理士 柳井崇延

愛媛県松山市松末1丁目5-12 3F [地図]
TEL:089-948-9441

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
税理士法人パートナーズ 松山支社代表 栁井崇延

資産と家族の絆を次代に遺す。頼れる税務のパートナー(1/3)

 「相続なんて、今自分には関係のないこと」。そう思っている方は多いのではないでしょうか。しかし「実際に相続する時になってから手を打つのでは遅すぎる」と、相続への無関心に警鐘を鳴らす税理士の栁井崇延さん。愛媛県一円をカバーする税理士法人パート...

柳井崇延プロに相談してみよう!

愛媛新聞社 マイベストプロ

会社名 : 税理士法人パートナーズ 松山事務所
住所 : 愛媛県松山市松末1丁目5-12 3F [地図]
TEL : 089-948-9441

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

089-948-9441

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

柳井崇延(やないたかのぶ)

税理士法人パートナーズ 松山事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
贈与税の納め方

贈与税の納め方 1.贈与税の申告と納税 贈与税の納税は贈与税の申告期限までに金銭で一時に、国に納める必...

[ 相続・贈与 ]

遺言で可能な行為:認められること、できないこと

民法により、遺言で認められる事項は決められています。以下に、その内容を記していきます。  財産処分...

[ 相続・贈与 ]

相続人に認知症の人がいる場合の相続

最近「認知症の人は相続人になれますか?」というご相談をいただくことがあります。どちらなのか、なかなか判断...

[ 相続・贈与 ]

相続人に未成年者がいる場合

相続人に未成年者がいる場合について、ご説明します。 遺産分割協議をするにあたり、相続人の中に未成年者がい...

[ 相続・贈与 ]

財産評価について

前回のコラムでは少し難しい内容でしたので、今回は比較的、簡単な内容で綴っていきたいと思います。今回は財...

[ 相続・贈与 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ