コラム

 公開日: 2016-04-26 

子供や孫の名義で作った通帳での預金対策について

今回のコラムは、相続に関しての「名義預金」がテーマです。

名義預金とは、自分以外の名義で作った預金口座で、実質的な所有がその名義人と違うことをいいます。例えば、「成人したら渡そう」「自分が死んだら渡そう」と、奥さんや子、孫の名義で通帳を作り、長い間少しずつ預金してきた通帳はありませんか? 家族の名義で作った通帳とその印鑑を家族に渡さず、口座を作った人が持ったままになっていませんか? それが、「名義預金」です。いわば名義だけを借りている預金です。

本来、贈与とは、あげる側が「あげる」、もらう側が「もらう」という両方の認識が必要です。

しかし、預金口座を作ったことで「あげる」意思表示はできていても、もらう側はその存在を知らされておらず、そのお金を自分の思うように使えない場合がよくあります。これでは、「もらう」側の意思表示がされているとはいえず、贈与にはなりません。

贈与にならないということは、所有権は口座名義人ではなく、預金した人のものとされ、預金した人が亡くなった場合には、「相続財産」となってしまいます。

この「名義預金」は相続税の申告でよく問題になります。税務調査でも指摘されることの多い項目です。名義預金と判断されないために、何らかの「贈与の裏づけ」を準備しておく必要があります。以下に、贈与の裏づけとなる対策をあげます。

 ・贈与契約書を作っておく
 ・預金口座の名義人が自分で通帳と印鑑を管理する
 ・実際にそのお金を自分のために使う
 ・贈与税の申告をしておく(年110万円を超える場合は、贈与税の申告が必要です)

贈与の申告の必要がない場合でも、口座名義人が自分の好きなようにお金を使える環境や状態であることが大切です。

早く渡すと使ってしまいそうだという心配もあると思います。しかし、名義預金と認定されれば相続対策としての効果がなくなってしまいますので、とくに注意が必要です。

この記事を書いたプロ

税理士法人パートナーズ 松山事務所 [ホームページ]

税理士 柳井崇延

愛媛県松山市松末1丁目5-12 3F [地図]
TEL:089-948-9441

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
税理士法人パートナーズ 松山支社代表 栁井崇延

資産と家族の絆を次代に遺す。頼れる税務のパートナー(1/3)

 「相続なんて、今自分には関係のないこと」。そう思っている方は多いのではないでしょうか。しかし「実際に相続する時になってから手を打つのでは遅すぎる」と、相続への無関心に警鐘を鳴らす税理士の栁井崇延さん。愛媛県一円をカバーする税理士法人パート...

柳井崇延プロに相談してみよう!

愛媛新聞社 マイベストプロ

会社名 : 税理士法人パートナーズ 松山事務所
住所 : 愛媛県松山市松末1丁目5-12 3F [地図]
TEL : 089-948-9441

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

089-948-9441

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

柳井崇延(やないたかのぶ)

税理士法人パートナーズ 松山事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
贈与税の納め方

贈与税の納め方 1.贈与税の申告と納税 贈与税の納税は贈与税の申告期限までに金銭で一時に、国に納める必...

[ 相続・贈与 ]

遺言で可能な行為:認められること、できないこと

民法により、遺言で認められる事項は決められています。以下に、その内容を記していきます。  財産処分...

[ 相続・贈与 ]

相続人に認知症の人がいる場合の相続

最近「認知症の人は相続人になれますか?」というご相談をいただくことがあります。どちらなのか、なかなか判断...

[ 相続・贈与 ]

相続人に未成年者がいる場合

相続人に未成年者がいる場合について、ご説明します。 遺産分割協議をするにあたり、相続人の中に未成年者がい...

[ 相続・贈与 ]

財産評価について

前回のコラムでは少し難しい内容でしたので、今回は比較的、簡単な内容で綴っていきたいと思います。今回は財...

[ 相続・贈与 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ