コラム

 公開日: 2015-12-11  最終更新日: 2015-12-15

相続税を本来払う額より多く支払っていたら

一度納めた相続税は、返してもらえる可能性があります。これを、「相続税の還付」といいます。
もちろん全員100%、相続税の還付ができるわけではありませんが、相続税を本来の適正な額よりも多く払いすぎた場合に、「更正の請求」という、間違いを正す申し出をすることができます。つまり、払いすぎた額を返してもらえることです。

【相続税は専門性がとても高い】
税理士は一般的に法人税、所得税を専門にすることが多く、相続税を専門としている税理士は極めて少数になります。また、相続財産の評価は100人の税理士に依頼すると100通りの評価額が出ると言われるほど、専門性の高い分野です。つまり、本来の相続税額より多く納税をしている場合があるため、更正の請求により、払いすぎた税金が返ってくることがあります。

【土地の性質が複数あり、評価が分かれる】
相続が発生した場合、自己申告で税務署に申告をします。しかし、土地評価をすることはとても難しく、相続人が複数の場合は必ず遺産分割が必要になってきます。そのため、自分ですべて評価をして分割をすることは、まず不可能といってよいでしょう。

また、土地が適切に評価されてなく、自己の物差しで分割しようとすれば、当然、不満に思う相続人もいます。のちに、遺産分割・相続が「争続」になる要因にもなります。
不動産は更地だけでなく貸家及びその敷地、借地権等の諸々の利用形態があり、一律の価格ではありません。特に専門性が強い分野になるので、税理士に相談のうえで申告をすることが好ましいです。

相続人は専門性が高く、やり慣れていない相続税の申告作業を10か月という期間で行わなければなりません。
さらに、相続税は自己申告制度をとっているため、間違いによって過大に相続税を申告していたとしても、税務署から間違いを指摘してくることはまずありません。

このような現状から、一度納めた相続税を見直すことでお金が還付されることがあります。

<いつまで還付を受けられるのか?>
相続税の申告期限から5年以内であれば、相続税の還付を求めることができます。
[相続税の申告期限が平成23年12月1日以前の場合]
相続開始日
相続税申告期限 → 更正の請求 → 更正の申出 → 更正の嘆願
 (10ヶ月)       (1年間)     (2年間)      (2年間)

[相続税の申告期限が平成23年12月2日以後の場合]
相続開始日
申告期間 → → → → → → → → → → →更正の請求
(10ヶ月)                             (5年間)
※改正により更正の請求期間が5年以内に延長されました。

この記事を書いたプロ

税理士法人パートナーズ 松山事務所 [ホームページ]

税理士 柳井崇延

愛媛県松山市松末1丁目5-12 3F [地図]
TEL:089-948-9441

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
税理士法人パートナーズ 松山支社代表 栁井崇延

資産と家族の絆を次代に遺す。頼れる税務のパートナー(1/3)

 「相続なんて、今自分には関係のないこと」。そう思っている方は多いのではないでしょうか。しかし「実際に相続する時になってから手を打つのでは遅すぎる」と、相続への無関心に警鐘を鳴らす税理士の栁井崇延さん。愛媛県一円をカバーする税理士法人パート...

柳井崇延プロに相談してみよう!

愛媛新聞社 マイベストプロ

会社名 : 税理士法人パートナーズ 松山事務所
住所 : 愛媛県松山市松末1丁目5-12 3F [地図]
TEL : 089-948-9441

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

089-948-9441

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

柳井崇延(やないたかのぶ)

税理士法人パートナーズ 松山事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
贈与税の納め方

贈与税の納め方 1.贈与税の申告と納税 贈与税の納税は贈与税の申告期限までに金銭で一時に、国に納める必...

[ 相続・贈与 ]

遺言で可能な行為:認められること、できないこと

民法により、遺言で認められる事項は決められています。以下に、その内容を記していきます。  財産処分...

[ 相続・贈与 ]

相続人に認知症の人がいる場合の相続

最近「認知症の人は相続人になれますか?」というご相談をいただくことがあります。どちらなのか、なかなか判断...

[ 相続・贈与 ]

相続人に未成年者がいる場合

相続人に未成年者がいる場合について、ご説明します。 遺産分割協議をするにあたり、相続人の中に未成年者がい...

[ 相続・贈与 ]

財産評価について

前回のコラムでは少し難しい内容でしたので、今回は比較的、簡単な内容で綴っていきたいと思います。今回は財...

[ 相続・贈与 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ