坂本隆二

中古物件なら何でも任せて安心!不動産のプロ

坂本隆二(さかもとりゅうじ)

良質な中古住宅探しから住宅診断、リノベーションまで、ワンストップで対応。家づくりの頼もしい味方

坂本隆二プロ隆二 さかもとりゅうじ

暮らしの選択肢が増える、「中古住宅」という選択

 「ここ数年、中古住宅を選ぶ方が増えています。経済的に低成長の時代になり、この先どうなるか分からない。家に最大限のお金をつぎ込むよりも、なるべく安く抑えて、その分、教育費や毎日の暮らしを充実させたい、そう考えている人が多いようです」と話すのは、株式会社アールホームの坂本隆二さん。松山市内で土地や中古住宅の売買仲介をメインにしている不動産会社の代表です。
 自社のwebサイトでは、自らが出演する動画で物件を紹介。飾らない言葉で軽快に話す坂本さんに好感を持ち、事務所を訪れる人も多いそうです。
 中古住宅を選ぶ中心は30〜40代で、安定した収入のある堅実な共働き世帯が多いとか。
 新築と中古住宅では、総額で1000万円ほどの差が生じることもあると言います。「例えば、30代で家を建てるとして、なるべく金額を抑えてマイホームを持ちたいという方にとっては中古住宅を選ぶメリットが大きい。30年後、60代になれば、退職したり、お子さんが独立したり、ライフスタイルは大きく変わっているでしょう。そのとき、再びリフォームして暮らし続けるも良し、不動産を売却して便利の良い中心地のマンションに住み替えるのも良し」。選択肢が増えるのも中古住宅の魅力です。

坂本隆二プロに相談してみよう!

ページトップへ