中田康晴

人が辞めない職場づくりを支援する介護コンサルのプロ

中田康晴(なかたやすはる)

コラム

公開日:
2017-11-10

介護現場におけるリーダーとスタッフの良好な関係づくり

介護現場において、リーダーとスタッフの関係づくりは一番の課題ではないでしょうか。
リーダーの関わり方一つで、スタッフはやる気にもなれば、辞める気にもなります。
まず原則として、2人の間に基本的信頼関係がなければ、誉めても、叱っても効果はありません。
自分が認めていない人から、誉められても、嬉しくないものです。
関係性が悪ければ、誉めても、不審に思われたり、逆に反感を持たれることさえあります。
叱っても同様です。
ヒヤリハット事例等、何度叱ってもスタッフが行動を改めない時、
それはリーダーが上司として認められていない場合が殆どです。
会社としての方針や仕組みのせいにしたくなるかもしれませんが、そうではありません。
本質は、リーダーとスタッフの基本的信頼関係なのです。

では、基本的信頼関係は、どうやってつくっていくのか?
「笑って、声をかけて、話を聴く」
まずは、ここから始めて下さい。
大切な点は、何の問題も発生していない時こそ、この姿勢で関わっておくということです。
介護事故が発生した時、リーダーは原因を追及しようとし、スタッフは自分を守ろうとします。
そんなストレスフルな緊張感の中で、コミュニケーションをとるのは至難の業です。
だからこそ、普段から、いい人間関係を作っておく必要があるのです。
日常のちょっとした言葉のやりとりの積み重ねが、信頼関係を作っていくのです。

でも信頼はあっという間に崩壊することがあるので、気をつけて下さい。
スタッフとの約束を守らなかった時、スタッフを守ることができなかった時など。
1年かけて作ってきた信頼関係が、一瞬で無くなってしまう…。
そんな悲惨な目に遭わないよう、守るべき事をしっかり守り、
普段のコミュニケーションを大切にして、基本的信頼関係を築いていきましょう!

◇今すぐ役立つ職場づくりのヒントが満載のコラム 
http://goodcom.co.jp/category/colum
◇弊社が提供する3つのサービス
http://goodcom.co.jp/service
◇相談無料!お気軽にお問い合わせください。 
http://goodcom.co.jp/contact

中田康晴プロに相談してみよう!

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

0

最新のコラムを読む

ページトップへ