一色麻生

幅広いコンサルティングでキャリアを支援するプロ

一色麻生(いっしきまき)

心理学の知識生かし、キャリアアップを後押し

一色麻生プロ麻生 いっしきまき

豊富なカウンセリング実績で「働く力」を引き出す

 「就職や転職だけでなく、職場でのスキルアップや人間関係改善など、自ら変わりたいと思ったときがその人の節目。今より良くなりたいという思いを引き出し、後押しするのが私の仕事です」
 おおらかな笑顔で語るのは、キャリア支援事業を手掛ける「Fushime塾」代表でキャリアコンサルタントの一色麻生さんです。学生の就活や再就職支援をはじめ、企業団体の管理職や従業員を対象にコミュニケーションスキルやモチベーションアップに向けた研修といった幅広いキャリアサポートを、長年培ってきた心理学の知識を生かして展開しています。
 一色さんは、愛媛県内の公益法人に在籍中の2007年、職場の人間関係やストレスに悩む人のカウンセリングとケアをする産業カウンセラーの資格を取得。08年にコンサルティング会社に転職してカウンセラーの実績を積み、12年に「Fushime塾」を起業しました。
 2016年9月には、「熟練」と呼ばれる2級キャリアコンサルティング技能士の国家資格を取得しました。技能士の受検資格には、数年以上の実務経験が必要で、高い専門性が求められる仕事です。
 起業後のカウンセリング実績は1千人を超える一色さん。「職業を選ぶ中で、収入ややりがいはもちろん必要ですが、自分に合った働き方を知ることが大事。ライフスタイルやキャリアデザインをしっかりと思い描いてほしい」と助言します。
 その言葉には、かつて自身が長時間労働の果てにうつ病を患うという、つらい経験をしたからこその切実な思いが込められていました。

一色麻生プロに相談してみよう!

ページトップへ