兵頭栄次

あなたと不動産の健康を守る土地家屋調査のプロ

兵頭栄次(ひょうどうえいじ)

土地建物の測量、登記手続きから風水コンサルまで。あなたと不動産を健康に!

兵頭栄次土地家屋調査士事務所 代表 兵頭栄次栄次 ひょうどうえいじ

大切な財産を守る不動産登記

 家を新築した場合「不動産登記」が必要ってご存じですか?
 「不動産登記は、土地や建物の所在地や形状、面積だけでなく、その所有者の名前や住所などを登記簿に記録すること。これによって所有者の権利が守られ、不動産取引を安全に行うことができます」と話すのは、土地家屋調査士の兵頭栄次さん。宇和島市三間町にオフィスを構える兵頭栄次土地家屋調査士事務所の代表です。土地家屋調査士は土地や建物の形状や面積などを測量し、調査して不動産登記手続きサービスをしてくれます。
 不動産登記の際、大切なポイントとなるのが土地の境界確定です。これは、隣接する土地の所有者に集まってもらい、互いの土地の境界を確認し、記録する作業のこと。双方納得した上で、土地の境界を確定するので、後々、無用な争いやもめごとが起こりにくくなります。逆を言えば、きちんと登記していなければ、何かあったときに所有権を主張できないということ。「例えば、土地の持ち主である親が亡くなり、子が相続する場合。土地の境界があいまいなままで、さらに子が地元を離れていればご近所付き合いもなく、思わぬ争いになることもある」とか。解決できない場合、裁判にまで発展する恐れもあります。
 登記は建物の増改築や減築、取り壊しなど、さまざまな場面で必要となりますが、手続きが面倒という理由で放置されているケースも少なくないそう。「不動産は私たちの大事な財産。登記することで、所有権を法的に証明できるんです」

兵頭栄次プロに相談してみよう!

ページトップへ