コラム

 公開日: 2017-05-12 

ハラスメントの知識を身に付け、魅力あふれるリーダーになろう♡

最近、テレビやネットの影響で、なんでも「ハラスメント」をつける人が
増えている気がします。

こんにちは。
愛媛県の思いやり研修講師、オフィス・カラーの水谷紀子です。

今治市内で【昇格者の為のマナー・コミュニケーション研修】でした。
この春に、昇格なさったみなさん。笑顔もやる気も満開です✽✽

これからは今までとは立場が違い、言いたくないことも言わなくてはなりません。
でも、そんな時に、ネックになるのが、「ハラスメント」 。

最近は、意味も分からず「○○ハラスメント」という言葉を使う人が増えたように感じます。
そう言われると正直、怖いですよね・・・。

ですが、「指導」として、正しいことは、きちんと言わなければなりません。
そうでないと組織が成り立たなくなります。

本日は、ハラスメントに対して正しい知識を身に付け、
コミュニケーション力を高めることで、より良い職場にする目的で研修を行いました。

  ◆ ハラスメントの本当の意味。
  ◆ セクハラ・パワハラの基準。
  ◆ 絶対言ってはならないこと。
・・・具体的な例を一緒に考えることで、指導にも一貫性を持たせることが出来ます。

みなさん、真剣に、でも、楽しみながら学んでいました。

気持ち新たに、リーダーシップを発揮していただけるといいな。
そう思います。

✽ ✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽
オフィス・カラー 水谷紀子
 HP ⇒http://officecolor.web.fc2.com/
ブログ Facebookもご覧ください

この記事を書いたプロ

オフィス・カラー [ホームページ]

マナー講師 水谷紀子

愛媛県今治市 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
研修料金・メニュー
イメージ

◆ 料金について    1時間、1万5千円(税別)から承ります。    研修の人数は上限、36名です。    (料金、人数とも参考価格です。詳しくはお問...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
水谷紀子プロ

日常に役立つ「思いやりの心=マナー」(1/3)

 マナーと聞くと、何だか堅苦しい、難しい、というイメージはありませんか。「マナーとは特別なものではなく日常の思いやり。相手への敬意を表現すること。考えているだけでは伝わらない気遣いの気持ちを形にすることです」。柔和な笑顔で話すのは、今治市を...

水谷紀子プロに相談してみよう!

愛媛新聞社 マイベストプロ

様々な研修を通して周囲に愛される人材を育てます

会社名 : オフィス・カラー
住所 : 愛媛県今治市 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

水谷紀子(みずたにのりこ)

オフィス・カラー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自分のダメなところ、直したほうがいい所をその場で指摘していただけて良かったです

★講座を受けて、よかったことや心に残ったこと、こういうこと...

S.E
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
えひめ国体ボランティア研修「江戸のしぐさでおもてなし♡」
イメージ

土曜日は、えひめ国体のボランティアさんの研修会でした。お天気も良くて、ひと安心です。 こんにちは。愛...

[ 研修レポート ✽ 江戸しぐさ講座 ✽ ]

社内研修は何のために行うのか
イメージ

研修というと、現場の方は「忙しいのに嫌だなぁ」と思う人も多いです。その姿を見ると、研修を企画する立場とし...

[ 思うこと ]

最初の勇気を持ちたい
イメージ

「なにか質問ないですか?」たくさんの人がいる中で質問されると、ちょっと聞きづらいし、恥ずかしいですよね。 ...

[ 研修レポート ✽ 派遣登録前研修 ✽ ]

私の記憶力
イメージ

7月からの講座の打ち合わせのあと、記憶力の話で盛り上がりました。 こんにちは。愛媛県の思いやり研修講師...

[ 思うこと ]

「そこ」も見られていたのです
イメージ

見えてないから大丈夫だろう、と思っても、意外と周囲からは見えていたのです・・・。知らなかったのは私だけで...

[ 思うこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ