コラム

 公開日: 2014-02-02  最終更新日: 2014-06-28

合意事項をどのような書面で残せばよいのか

こんにちは。弁護士の森本明宏です。

合意事項をいかなる書面で残すべきか、についてのお話。

例えば、お金の貸し借りの問題。
貸主と返済がこれまで滞りがちな借主との間で、返済方法に関する合意ができた場合。
でも、なんだか不安だな。。という時。

例えば、養育費の問題。
毎月の養育費の額については、合意ができた。
弁護士に確認したところ、適正な額ということだ。
額はいいけど、ちゃんと支払いを続けてくれるか、不安だ。。という時。

このような時、合意事項が固まっているわけですから、当事者どうしで、合意書を作成して、お互い署名押印をし合うことは、当然に必要です。

では、それで足りるか。

もし、途中で約束違反が生じそうであれば、強制執行手続きのことも想定に入れておく必要があります。

当事者間の合意書、示談書。

これだけでは、約束違反が生じた
時に、直ちに預金口座の差押え、給与の差押えなどの強制執行手続きを申し立てることはできません。

改めて訴訟を起こして判決を取り、その判決をもとに強制執行をしなければなりません。

二度手間がかかる、ということです。

約束違反があった時に、すぐに強制執行申し立てに移行できるためには、どうしておけばよかったのか。

一つ目の方法は、

「強制執行認諾文言が付された公正証書」

を作成しておくこと。

公正証書は、公証人役場で、公証人が作成します。


二つ目の方法は、裁判所の手続きを利用して、裁判所で合意をしたことにして、裁判所の和解調書、調停調書として合意事項を残す方法。

前記のお金の貸し借りの事案なら、「即決和解」という手続きを利用したり、「民事調停」手続きを利用する。
いずれも簡易裁判所の手続きです。

養育費の事案なら、家庭裁判所に養育費の支払請求の調停を申し立てる。


裁判所の手続きとなるとちょっと仰々しい面もあるでしょうから、合意事項がまとまっているならば、公正証書を作成する方法をまずは考えましょう。

これらの「公正証書」、即決和解手続きの「和解調書」、「調停調書」は、いずれも強制執行申し立てるにすぐ入るために必要な「債務名義」にあたります。

当事者どうしの合意書は、この「債務名義」に該当しないため、改めて訴訟を起こし、「債務名義」の一つである「判決」を取らないといけなくなるわけです。


以上のまとめ。

合意事項を書類に残すとき、約束違反が生じるおそれが高そうならば、強制執行手続きにすぐ移行できる種類の書面を残すことが必要。

その書面は、民事執行法で「債務名義」と呼ばれる種類の書面。

具体的には、「公正証書」、「和解調書」、「調停調書」など(もちろん、裁判の「判決」も)

裁判所の手続き以外で「債務名義」を取得するならば、公証人役場で作成する「公正証書」。

あらかじめ合意事項がまとまっているならば、まずは、公正証書の作成を考えてみましょう。

この記事を書いたプロ

四季法律事務所 [ホームページ]

弁護士 森本明宏

愛媛県松山市一番町三丁目3番地6 センターポイントビル6階 [地図]
TEL:089-933-0119

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
サービス・商品

コラムでも執筆させていただきましたとおり、弁護士森本明宏は、法律顧問(顧問弁護士)のご依頼もお受けしております。********************...

 
このプロの紹介記事
森本明宏 もりもとあきひろ

「法律問題の身近なドクター」として皆さんの悩みにお応えします!(1/3)

 官公庁やオフィスビルが立ち並ぶ松山市三番町の一角に、四季法律事務所はあります。ここで、弁護士・森本明宏さんは日々さまざまな法律問題に取り組んでいます。 数ある弁護士業務の中でも、森本さんが取り扱っている事案は、交通事故や離婚問題、遺産相...

森本明宏プロに相談してみよう!

愛媛新聞社 マイベストプロ

交通事故による損害賠償請求案件の取扱件数が多いこと

所属 : 四季法律事務所
住所 : 愛媛県松山市一番町三丁目3番地6 センターポイントビル6階 [地図]
TEL : 089-933-0119

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

089-933-0119

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森本明宏(もりもとあきひろ)

四季法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
事務所名変更のお知らせ

弁護士の森本明宏です。当事務所は、このたび、事務所名を酒井・森本・高橋法律事務所から、「四季法律事...

[ 弁護士業 ]

弁護士の専門分野について

こんにちは。弁護士の森本明宏です。秋祭りが近づいてきましたね。さて、本日は、弁護士の専門分野につい...

[ 弁護士業 ]

暴力団関係者の取引関係からの排除と自動車任意保険

弁護士の森本明宏です。今朝の新聞によりますと、損害保険各社が、自動車保険(任意保険)に限って、暴力団関...

[ 民事介入暴力(民暴) ]

不貞行為に基づく慰謝料請求

おはようございます。愛媛県松山市の弁護士森本明宏です。今日は一日雨模様みたいですね。*********...

[ 民事事件 ]

相続にあたってチェックすべき事項、手順について

酒井・森本・高橋法律事務所の代表弁護士森本明宏です。今日は、相続(遺産分割協議)にあたってチェックすべき...

[ 家事事件 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ