>   >   >   >   >   >  Q&A詳細

Q&A(このプロの回答)

共有不動産の売却について
今回、兄と亡母と私との3人で共有している実家の売却を考えています。土地はもともと父からの相続で70坪、建物は築15年2世帯住宅…残ローン約1千万円(兄契約)です。兄は離婚して、養育費や生活費でローンを払うのが苦しくなったため、売却を考え、私に1400万円で買ってもらいたいようです。他人に売ることも考えていますが、親からの土地を失いたくないという思いもあり、この先、この土地を持っている方がいいのか、お金をもっているほうがいいのか悩んでいます。また、税金のこととかも心配です。
私は、この不動産を兄から買った方がいいのか、他人に売った方がいいのか、どちらが最善策でしょうか?よろしく、お願いいたします。
投稿日時:2012-02-10 10:01:31
住宅

田中健 たなかたけし

田中健の回答

共有不動産売買の判断基準について

 結論から言えば、将来その家に貴方が居住する可能性があるのであれば、購入をお勧めしますが、その可能性が無いのであれば、第三者への売却をお勧めします。
不動産は、自己に必要な分以外を所有すると、管理の義務が生じることの外、固定資産税が課され、その不動産が収益を生む場合は別ですが、一般には結構煩わしいものです。
 但し貴方自身、親から相続した財産を失いたくない気持が強い場合や、お兄さんが其処に住み続ける事を希望し、お兄さんのローン債務を助ける気持が強い場合には、購入する事をお勧めします。
 貴方の持分を譲渡した場合には、その譲渡益(売却代金から取得費や譲渡費用を控除した残高)に対して、20%の譲渡所得税がかかります。
 お兄さんに対しては、第三者への譲渡であれば、居住用財産の特別控除3000万円が適用されますが、兄弟間の譲渡であればこの特別控除が使えず、原則課税に戻ります。
 
 

回答日時:2012-02-10

Q&A一覧に戻る

最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
田中健 たなかたけし

愛媛の不動産マーケットを30年見続け、土地の公正な価値を追求。 「その経験と知識を皆さまに還元したい」という不動産鑑定士(1/3)

 かつて、経済が右肩上がりの時代には、土地を更地で所有することが一番とされていました。下手に利用してリスクを背負うより、ただ所有して確実とされた地価の上昇をじっと待つことが得策とされていたのです。ところが、マイナス、あるいは低成長の時代に突...

田中健プロに相談してみよう!

愛媛新聞社 マイベストプロ

会社名 : 株式会社ケンホームズ
住所 : 愛媛県松山市三番町4丁目11-6 KH三番町プレイス5F [地図]
TEL : 089-921-3535

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

089-921-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田中健(たなかたけし)

株式会社ケンホームズ

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
市街化調整区域を理解する方法

「市街化調整区域」が分かり辛いのは、法律用語の表現方法に問題があります。実際の制限内容からは、「市街化禁止...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ