プロTOP:伊藤博プロのご紹介

耐震補強で家と人と暮らしの安全を守りたい(1/3)

株式会社伊藤ハウジング代表・伊藤博

これから必要なのは、大地震をも想定した家づくり

 突然の地震により、自分の住む家が倒壊する…そんな状況をあなたはイメージできますか。
 紀伊半島沖から四国南方沖を震源として、近い将来、発生する可能性が高いといわれる「南海地震」。このマグニチュード8クラスと予測される地震に備えて、今こそ自宅の耐震について考えてほしいと話すのが、松山市に建築事務所を構える株式会社伊藤ハウジングの代表・伊藤博さんです。
 「南海地震とは100年から150年周期で繰り返し起こっている巨大地震のこと。その地震の記録は千年以上前の仁和(にんな)南海地震にさかのぼります。さらに、東海地震・東南海地震と連動して、幾度も広範な地域に甚大な被害を及ぼしてきたことが、現代の地質調査によっても確認されています。直近では、昭和21(1946)年にマグニチュード8.0の昭和南海地震が発生しています」。周期的に襲い来る地震に対して身の安全を守るため、耐震性が重要であることがあらためてよく分かります。
 「昭和56(1981)年に建築基準法が大幅に改正され、新耐震基準ができました。この法改正以前に建てられたか、後に建てられたかで、住宅の耐震性には大きな差が見られます。さらに、平成12(2000)年の建築基準法の大幅改正により、耐震性はさらに強化されています。ですから、10~30年ほど前に建てられた住宅でも、耐震性能に不安がある場合もありますし、さらに、それ以前の家であれば、絶えず大地震による倒壊の危険にさらされているといえるでしょう」。そのことを、広くみなさんに知ってほしいと伊藤さんは訴えます。

<次ページへ続く>

【次ページ】 住まいの地震対策、初めの一歩は耐震診断から

最近投稿されたコラムを読む
Q&A
ちょっと工夫の施工事例
イメージ

「土地が狭い、大きい家が建てたい、南からの日当たりが悪い…」こうした場合、天窓を付けるのは一般的ですが、この建物は2階廊下をFRPグレーチングにアクリル板を貼り...

伊藤博プロに相談してみよう!

愛媛新聞社 マイベストプロ

耐震診断・耐震補強はお任せください!

会社名 : 株式会社伊藤ハウジング
住所 : 愛媛県松山市中村5丁目11番16号 [地図]
TEL : 089-931-5467

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

089-931-5467

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

伊藤博(いとうひろし)

株式会社伊藤ハウジング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
耐震補強の事例紹介
イメージ

<外付けホールダウン金物の取り付け事例>阪神大震災では、柱の引きぬけにより建物が倒壊しました。それを克服...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ