>   >   >   >   >   >  コラム詳細

コラム

 公開日: 2017-11-09 

年末評価の時期「自己評価が高い部下と低い部下」

こんにちは。
成果を出し続ける仕組み作りコンサルタントの岡本です。

とりたてて素晴らしい成果ではないが、
「オレってすごい!」と、自己評価が高い部下

すばらしい成果を出しているにもかかわらず
「いやいや、私なんて。。。」と、自己評価が低い部下

あなたの部下にはいませんか?


自己評価が高い部下からは
「なんで、認めてくれないんですか、ボク(私は)はこんなにできるのに!」
と言われるし、
自己評価が低い部下に仕事をまかせようとしても
「いやいや、私なんかとても無理です」と、しりごみして任せられない。

どちらも困りますよね。

自己評価をさせたあと、上司であるあなたが評価をする様な
評価制度を運用している場合は、評定に差異がでてしまいますので、
よりハッキリと傾向がでます。


自己評価が高いのと低いのはどちらが良いのでしょうか?



答えは、

どちらも良くないです。

では、どういう状態が望ましいか。

それは、「自己評価と他者評価が一致している」です。

もちろん、他者評価の際に評価者エラーがなく、
公正に評価ができることが前提です。
※評価者エラーについてはまたお話ししますね。

自己評価高いもしくは低いというのは、
自分自身を客観的に見れていないという事です。

それは、自分が思っている姿と人から見えている姿が異なる
という事です。
それなので、他人から信頼されるために自己評価と他者評価を一致させることは重要です。


さて、では、そういう部下にはどの様に言えばよいか。

自己評価が高い部下に対しては、
「他人から信頼されなくなるよ」

と話しをします。
そして、「自分自身を客観的にみる事の重要性」を話し、

続けて、
「他人から信頼されなくなると、自分の味方が減っちゃうよ、
そうなるとどう?スムーズに仕事が進められなくなってしまうよね。
もちろん、普通の仕事だったらそれでも良いかもしれないけど、
単独で大きな仕事を進める事が難しいよね。
今後、大きな仕事をしたいと思っているのであれば、他人の信頼を
得ておかないといけなくないか?」

と投げかけてみてください。


自己評価が低い部下に対しては、

はじめに、その部下のがんばりを評価してあげてください。
その時は「アイ・ステートメント」で
「私は、〇〇さんは××ができると考えている」と伝えてください。
最初に、相手を肯定してください。

その上で、
「でもね、他人から信頼されなくなるよ」
と話をします。
そして、
「自分自身を客観的にみる事の重要性」を話します。

続けて、
「他人に信頼されないと、チャンスが減るよ。
もっと、いろいろな事をやってみたい(楽しく仕事をしたい)
と思っているなら、自分からチャンスの芽を摘んでおくのはもったいないよ。」

と投げかけてください。


どちらの場合も、
「あなたにとってデメリットだよ」「今後、自分が楽しいと思う事ができないよ」
というメッセージを伝える事が大切です。

年末から年度末にかけて、評価の時期です。
「談等を行う時に、この様に話をしてあげてください。

★★無料メルマガ登録★★

コラムを最後までお読み頂きありがとうございました。
部下をもつ管理職の方向けに無料のメールマガジンを発行しております。

気になる方は今すぐクリックして登録してください!

管理職のスキルアップメールマガジンの購読申し込みはこちら

この記事を書いたプロ

IMソリューションズ株式会社 [ホームページ]

経営コンサルタント 岡本陽

愛媛県松山市三番町5丁目3-8  フレッシュリーブス405号室 [地図]
TEL:089-989-1171

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メールマガジン

こんにちは。管理職の育成と仕組み作りコンサルタントの岡本陽です。管理職の方向けに「管理職のスキルアップメールマガジン」を発行しております。このメル...

サービス内容・料金体系

【研修可能な地域】全国 ■現在の実績 愛媛県、東京都、大阪府、広島県、岡山県、香川県、徳島県、高知県、島根県※交通費は別途請求とさせていただきます...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
岡本陽プロ

「組織を強くする管理職」をいかに育てるか(1/3)

 企業にとって人材は生命線。社員育成は組織の永遠の課題です。中小企業診断士の国家資格を持つIMソリューションズの岡本陽社長は、IT関連会社の営業マン、プロジェクトマネジャーを経て、営業をアウトソーシングで請け負うベンチャー企業で社員教育やマ...

岡本陽プロに相談してみよう!

愛媛新聞社 マイベストプロ

利益を残す仕組を作るコンサルティングとその行動を教える研修

会社名 : IMソリューションズ株式会社
住所 : 愛媛県松山市三番町5丁目3-8  フレッシュリーブス405号室 [地図]
TEL : 089-989-1171

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

089-989-1171

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岡本陽(おかもとあきら)

IMソリューションズ株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

マネージャーの人材育成・能力向上

企業規模が拡大し管理職の育成の必要性がでてきた。 特に、管...

丸三産業株式会社
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
マーケティングの目的をドラッカーとコトラーの言葉で考える その2

こんにちは。成果を出し続ける仕組み作りコンサルタントの岡本です。前回に引き続きマーケティングのお...

[ ビジネスについて ]

マーケティングの目的をドラッカーとコトラーの言葉で考える その1

こんにちは。成果を出し続ける仕組み作りコンサルタントの岡本です。今日はマーケティングのお話しをし...

[ ビジネスについて ]

オープン

ジュネルサロン松山三番町店 が2月1日にオープンしました!JEWNEListはネイルチップの常識を変えた次世代のNA...

[ その他 ]

新規事業を松下幸之助の経営の名言で考える

こんにちは。成果を出し続ける仕組み作りコンサルタントの岡本です。前回、前々回と新規事業を立ち上げる...

[ ビジネスについて ]

中小企業が新規事業の立ち上げを考える5つの切り口

こんにちは。成果を出し続ける仕組み作りコンサルタントの岡本です。前回、新事業を考えてゆく時の考え方...

[ ビジネスについて ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ