コラム

 公開日: 2014-09-22 

ロレックスのディフュージョンライン「チュードル」

すっかり涼しくなりましたね。
夜は肌寒いくらいです。
蝉の鳴き声を聞くと、この蝉が今年最後かな…なんて感傷に浸る今日この頃です。

ほんとうにもうすぐそこまで秋が来ています。
秋と言えば、スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋、物欲の秋でしょうか笑。

さて、今日のコラムですが、「ロレックスのディフュージョンライン「チュードル」」についてお話したいと思います。

今日は、皆様の物欲を刺激したいと思います笑。

まず、チュードルですが、このようなモデルです。

チュードル
ぺラゴス 25500TN
チタンブレス
ブラック

おやおや、どこかで見たような気がしませんか?
このコラムをいつも読んでくださっている読者の方ならば、デジャヴを感じるのではないかと思います。

その理由はこちらです。

ロレックス
サブマリーナデイト 116610LN
ブラック

はい、このコラムで何度もご紹介しているロレックスですね。
なんともそっくりな外観だと思いませんか?

それもそのはず、チュードルは、ロレックスの「ディフュージョンライン」なのです。


【ディフュージョンラインとは…】
ディフュージョンとは、「普及」の意味。
販売を拡大するため、ブランドが持つアイデンティティや感性、特徴を維持しつつ、低価格版の商品を開発し、販売するブランドを指す。
元のブランドよりも商品価格は高いが、ディフュージョンラインは、より多くの人が購入可能なため、知名度の向上・ブランドイメージの拡大に繋がる。
また、「ディフュージョンブランド」「セカンドライン」とも言われる。


という事なんですね。
今回のコラムのお題にもなっている通り、チュードルは、ロレックスのディフュージョンラインなのです。

では、チュードルとは、どういった歴史を持つブランドなのでしょうか。

【チュードル】wikiより抜粋
元々は元本国イギリスでの販売拡大を狙って発売され、名前はかつてのイギリス王家チューダー家にちなむ。トレードマークもチューダー家と同じ薔薇であり、初期のモデルは文字盤に薔薇が描かれていた(現在は盾のマーク)。一時期日本でも正規販売されていたが、現在は正規代理店の取り扱いはない(但し、時計のオーバーホールは日本ロレックスで受け付けてくれる)。汎用ムーヴメントであるETA(エタ)社製のムーブメントを使用し、ケースはロレックス製の物を使用している。当初は本家ロレックスに似たモデルを多く販売していたが、現在は独自のデザインによるモデルを主に販売している。

という事で、チュードルの設立者は、ハンス・ウィルスドルフ(ロレックスの設立者)なんですね。
つまりは、同じ社長が立ち上げた別会社、という感じでしょうか。

1930年代、ロレックスは非常に信頼性の高い時計として認知されていました。
しかし、その信頼性に比例し、販売価格も高額になり、一般消費者には手が届かないブランドになっていたのです。
ロレックスは実用時計と言われながらも、「ロレックスは高額」というイメージが定着してしまいました。

そこで、ハンス・ウィルスドルフは一計を案じます。
当時のロレックスの本社はイギリスにあったのですが、この本社があるイギリスでの市場拡大を狙って、ロレックスというブランドイメージはそのままにするため、あえて、兄弟ブランドを設立したのです。

それが、チュードル。

チュードルは、ムーブメントに他社製品を使い、コストダウンを実現。
また、オイスターケースなどの部品は、ロレックスの物をそのまま使うことで販売価格を下げてつつ、さらに、ロレックスの利益性アップすることに成功しました。

やりますねぇ、ハンス・ウィルスドルフ笑。

チュードルは、品質は落とさずに、価格だけを下げた普及版ブランドです。ディフュージョンブランドではあるものの、「ベルトが無垢なのか巻き板か?」「ムーブメントが自社製かETA製か?」といった違いぐらいしかない、非常に質の高い時計です。

ですので、チュードルの人気は高まりつつあり、特に、アンティークチュードルの価格は、高騰傾向にあります。


さて、このチュードルのお値段ですが、ぺラゴス 25500TN [チタンブレス ブラック]が、

なんとっ!

¥322,920なのです!(インターネット最安店調べ)


いかがでしたでしょうか。

最後はなんとなくジャパネットっぽくなりましたが笑。
ロレックスとチュードルの歴史を踏まえつつ、あえてチュードルを選択するなら、なんとなくそのほうが時計通なように思うのですが、どうでしょうか。


少しでも、皆様の暮らしのお役に立てれば幸いです。
それでは、また、次回コラムでお会いしましょう。







★★★池田質舗公式サイト★★★
http://www.ikeda78.com/

★★★池田質舗アメーバブログ★★★
http://ameblo.jp/ikeda78/

★★★池田質舗フェイスブック★★★
https://www.facebook.com/ikedapornshop

★★★池田質舗ツイッター★★★
http://twitter.com/ikeda78

この記事を書いたプロ

有限会社池田質舗 [ホームページ]

販売職 池田正一

愛媛県松山市立花2丁目8-5 [地図]
TEL:089-921-4489

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
本日の金プラチナ買取価格

2016.12.5 金買取価格・プラチナ買取価格純金 インゴット¥4,470-前日比+40円純プラチナ インゴット¥3,520-前日比+10円K24¥4,240-プラチナ10...

よくある質問

質屋とは、お客様の品物を担保にお金をお貸ししたり、不要な品物を売ったり出来る所です。又、買い取った品物、質流れ品なども販売いたしております。歴史は古く、700年...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
有限会社池田質舗代表 池田正一

今までの「質屋」イメージを覆す店づくりに取り組んでいます(1/3)

 あなたは「質屋」に対して、どんなイメージを持っていますか。 昔から人々の生活に密着していた質屋ですが、「何となく入りづらい」と感じる方も少なからずいるのではないでしょうか。 伊予鉄横河原線いよ立花駅のすぐ近くに店舗を構える池田質舗は、...

池田正一プロに相談してみよう!

愛媛新聞社 マイベストプロ

金の買取・プラチナの買取は地域No.1の買取価格をお約束!

会社名 : 有限会社池田質舗
住所 : 愛媛県松山市立花2丁目8-5 [地図]
TEL : 089-921-4489

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

089-921-4489

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

池田正一(いけだしょういち)

有限会社池田質舗

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

金の買取をお願いしました。

■お店の雰囲気はいかがでしたか? 答え)満足している ■お客...

H・S
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
池田質舗って、どんな所?!
愛媛県松山市の質屋、池田質舗

皆様、初めまして。愛媛県松山市の質屋、池田質舗です。コラムと言える程、きちんとした読み物になるかどうか...

[ 質屋 ]

質預かりって、何?! 買取と何が違うの?!
質預かりと買取の違いを説明

さて、第2回のコラムですが、「質預かり」と「買取」についてお話したいと思います。色々と専門用語が出てきま...

[ 質屋 ]

金・プラチナ雑学
金プラチナ雑学

さて、第3回のコラムですが、「金」と「プラチナ」についてお話したいと思います。皆様がよくご存知の事から、...

[ 質屋 ]

真の高級時計
高級時計マニファクチュール

さて、第4回のコラムですが、高級時計についてお話したいと思います。皆さんは高級時計というと、どちらのメー...

[ 機械式腕時計 ]

鑑定書と鑑別書って何が違うの?!

さて、第5回のコラムですが、鑑定書と鑑別書、保証書の違いについてお話したいと思います。「え〜!たいした違い...

[ 質屋 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ