コラム

 公開日: 2012-12-19  最終更新日: 2014-06-03

日本の金貨

さて、今日は、日本の金貨についてお話ししたいと思います。先日、アメリカの金貨についてお話しましたが、ちゃんと日本にも金貨はあります。日本の金貨というと皆様ピンと来ないかもしれませんが、日本の金貨は、大判・小判です。

まずは、日本のお金の歴史を紐解いてみましょう。日本では当初、中国から輸入した貨幣を使っていました。「渡来銭」と呼ばれるものです。そして、この渡来銭とは別に金貨・銀貨を鋳造し始めたのがあの徳川家康なのです。徳川家康は、金貨、銀貨、銭貨を流通させました。銭貨は渡来銭を使っていましたが、少しずつ流通量を減らし、日本で鋳造した銭貨である「寛永通宝」へと切り替えていきました。この三種類の貨幣は、「三貨」と呼ばれ、それぞれ独立した貨幣制度でした。


大判、小判、銀貨、銭貨


この三貨の制度ですが、これは非常にややこしく、例えると日本国内で「円」「ドル」「ユーロ」が流通しているようなものです。
では、三貨それぞれの単位をみてみましょう。

金貨の単位は、1両=4分(ぶ)1分=4朱(しゅ)が基本となります。
この「両」とは、本来は金銀や薬を量るときの重さの単位で、1両=4.4匁(16.5g)です。
ですので、最初は「重さ1両の金」=「一両小判」と、その1/4の「一分金」を発行していました。

銀貨は、重さが固定していない銀の塊を用いていました。大きいもの(150g前後)を「丁銀」、小さいもの(通常5~20g)を「豆板銀」と呼びます。そしてもっと小さいもの(1g前後)を「露銀」と呼ぶこともありました。この銀貨を使う時は、すべて重さで量り、1貫目=1000匁、1匁=10分(ふん)として使われます。

銭貨は、中国から輸入した渡来銭を使っていましたが、1636年、「寛永通宝」を発行してからは国産の銭貨を流通させていきました。1枚が1文。1000枚で1貫文と呼びます。

そしてさらに、この三貨の交換比率ですが、時代によって少し替わりますが、金1両=銀50匁=銭4000文、という交換比率だったようです。



いかがでしたでしょうか。
江戸時代はお金の使い方がややこしいですね。
さて、上述の通り徳川家康は金貨、銀貨を発行しました。
銀貨を作っていたのは、「銀座」です。そうです、あの東京の「銀座」なのです。
では、金貨を作っていたのは「金座」なのですが、この金座は現在でもその場所が不明なままです。
金貨を作っている場所は、絶対に秘密だったようで、今現在もどこが「金座」なのか分かっていません…。
もし金座が見つかったら、大判小判がざくざく出てくるかもしれませんね。

少しでも、皆様の暮らしのお役に立てれば幸いです。
それでは、また、次回コラムでお会いしましょう。


有限会社池田質舗

この記事を書いたプロ

有限会社池田質舗 [ホームページ]

販売職 池田正一

愛媛県松山市立花2丁目8-5 [地図]
TEL:089-921-4489

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
本日の金プラチナ買取価格

2016.12.10 金買取価格・プラチナ買取価格純金 インゴット¥4,420-前日比-20円純プラチナ インゴット¥3,500-前日比-60円K24¥4,200-プラチナ10...

よくある質問

質屋とは、お客様の品物を担保にお金をお貸ししたり、不要な品物を売ったり出来る所です。又、買い取った品物、質流れ品なども販売いたしております。歴史は古く、700年...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
有限会社池田質舗代表 池田正一

今までの「質屋」イメージを覆す店づくりに取り組んでいます(1/3)

 あなたは「質屋」に対して、どんなイメージを持っていますか。 昔から人々の生活に密着していた質屋ですが、「何となく入りづらい」と感じる方も少なからずいるのではないでしょうか。 伊予鉄横河原線いよ立花駅のすぐ近くに店舗を構える池田質舗は、...

池田正一プロに相談してみよう!

愛媛新聞社 マイベストプロ

金の買取・プラチナの買取は地域No.1の買取価格をお約束!

会社名 : 有限会社池田質舗
住所 : 愛媛県松山市立花2丁目8-5 [地図]
TEL : 089-921-4489

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

089-921-4489

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

池田正一(いけだしょういち)

有限会社池田質舗

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

ブランド品の買取をお願いしました。

■お店の雰囲気はいかがでしたか? 答え)どちらかと言えば満...

M・A
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
池田質舗って、どんな所?!
愛媛県松山市の質屋、池田質舗

皆様、初めまして。愛媛県松山市の質屋、池田質舗です。コラムと言える程、きちんとした読み物になるかどうか...

[ 質屋 ]

質預かりって、何?! 買取と何が違うの?!
質預かりと買取の違いを説明

さて、第2回のコラムですが、「質預かり」と「買取」についてお話したいと思います。色々と専門用語が出てきま...

[ 質屋 ]

金・プラチナ雑学
金プラチナ雑学

さて、第3回のコラムですが、「金」と「プラチナ」についてお話したいと思います。皆様がよくご存知の事から、...

[ 質屋 ]

真の高級時計
高級時計マニファクチュール

さて、第4回のコラムですが、高級時計についてお話したいと思います。皆さんは高級時計というと、どちらのメー...

[ 機械式腕時計 ]

鑑定書と鑑別書って何が違うの?!

さて、第5回のコラムですが、鑑定書と鑑別書、保証書の違いについてお話したいと思います。「え〜!たいした違い...

[ 質屋 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ