妊娠しやすい体づくりを支える漢方自然薬のプロ

新岡和哉

しんおかかずや

漢方自然薬 わかまつ

[ 松山市 ]

コラム

 公開日: 2018-07-09 

妊活、病院に行く前の女性の心境

おはようございます

うちに子宝相談でこられるお客様は来る前にどういう思いを描いているのだろう

そう思う事があります、来て尋ねてみると
こういうことで相談したいと思ってきたというお話はしてもらえるけど
心の中の葛藤ってどんなだろうと常々思っています

そんな中である不妊治療のためにこれから病院に行こうとしている女性のつぶやきをツイッターで読みました

「これからはじめての受診。妊活って、ひとつ目、二つ目とハードルが待ってるんだろうな。
自分との闘いになるような気がするし、そして夫婦間での闘いあるんじゃないかな。
辛くて旦那に八つ当たりすることもあるんだろうな.
でも頑張って乗り越えるしかないよね.」



あたり前のことだけど、病院に行く人がリラックスしていけるわけがない

でも実は「子づくり」って原点にもどったら大好きな人とのハッピーなものなはずなのに
妊活は苦しいものになってしまうことが多い


闘いではなくて、闘わず前向きに目標にむかってもらえるといいんだけどな
闘う、頑張るという言葉が出る時点でストレスになっているよなと感じつつ

病院は多くの先生が心のフォローまでは手がまわらないから
余計、妊活する女性の心は闘う、頑張るのモードになってしまう



自分はそんな言葉の意識を少なくしてもらえるリラックスモードの妊活をしてもらえるように
役立てるカウンセリングを心掛けていきます

読んでいただきありがとうございます
不妊でお悩みで漢方自然薬による妊娠しやすい体作りを相談してみたいという方
まずはホームページのメール相談フォームからお気軽にお尋ねください
https://ssl.xaas.jp/s0232036/login/enqueteEdit/index/EnqueteId/1

この記事を書いたプロ

漢方自然薬 わかまつ [ホームページ]

新岡和哉

愛媛県松山市竹原4丁目3-13 [地図]
TEL:089-907-8200

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
漢方自然薬 わかまつ 子宝カウンセラー 新岡和哉

松山市を拠点に全国からの子宝相談に応える漢方自然薬店(1/3)

 松山市中心部にほど近い閑静な住宅街。その一角にある漢方自然薬店の扉を開けると、たくさんの笑顔の写真が目に飛び込んできます。赤ちゃんを抱いた笑顔の女性、大きなおなかを愛おしそうになでる女性…、みなさん「漢方自然薬わかまつ」で子宝カウンセリン...

新岡和哉プロに相談してみよう!

愛媛新聞社 マイベストプロ

子宝カウンセリングで「妊娠しやすくなる体づくり」を応援します

店名 : 漢方自然薬 わかまつ
住所 : 愛媛県松山市竹原4丁目3-13 [地図]
TEL : 089-907-8200

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

089-907-8200

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新岡和哉(しんおかかずや)

漢方自然薬 わかまつ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
松山市にて「妊活支援講座」のお知らせ
イメージ

妊娠めざしてる皆さんへ松山市にて「妊活支援講座」のお知らせ~妊娠しやすい体つくりとは~8月5日(...

[ 不妊相談 ]

漢方で妊活していく目安期間は?
イメージ

お客様の中にどれくらい(期間)飲んだら効きますか?・・・という質問がよくあります残念ながらどれくらいで...

[ 不妊相談 ]

3度の体外受精後に相談こられた方の妊娠
イメージ

ここ最近のお客さまのお話しをさせてもらいます30代後半の女性で不妊治療をすでにされていて、過去3度の...

[ 不妊相談 ]

妊活とビタミンD
イメージ

こんにちわ、最近、不妊で医師もビタミンDの不足のことを注目してよく検査したりされるようですビタミンD濃...

[ 不妊相談 ]

今日発売の愛媛こまちに・・・
イメージ

本日20日発売の愛媛こまちの見開き1ページ目に店を広告を掲載させてもらいましたダイエットと不妊の相談の...

[ 店舗情報 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ