妊娠しやすい体づくりを支える漢方自然薬のプロ

新岡和哉

しんおかかずや

漢方自然薬 わかまつ

[ 松山市 ]

コラム

 公開日: 2018-02-02 

不妊漢方相談の実際② 不妊治療の薬の副作用で・・・

前回のブログ「カウンセリング編」でご紹介したAさんの話に

「排卵誘発剤をつかいタイミング法を続けるも、薬があわず腹痛をおこすなど体調も不良になり・・」
という一節を書きました。
http://mbp-ehime.com/hunin/column/6119/
ちなみにAさんが服用されてた排卵誘発剤はクロミット
不妊治療されている方の多くは飲んだ経験があるかもしれない薬です



今放送されている妊活をテーマにした深田恭子主演のドラマ「隣の家族は青くみえる」でも
昨夜の第3話で深田恭子演じる主人公奈々が飲んでいました
そして奈々は薬の副作用のせいでか、イライラするところが描かれていました
なんでイライラが強くなったのでしょう?




またAさんはなんでイライラどころか体調不良まで副作用が出てしまったのでしょう?

少しこの不妊治療でよく使われるクロミットというお薬についてお話します

クロミットを不妊治療でつかう目的は、卵胞の育ちをよくさせることです
卵胞は月経周期の始まり(生理)のころは8ミリくらいのものが排卵まで低温期で
大きくなり、その中の一番成長のいい卵胞が排卵されますが、
理想は18ミリから20ミリくらいの大きさに成長するのが望ましいんです



普通は月経周期の12日頃くらいにはそれなりの大きさになり
14~16日目くらいに排卵がおきるのが理想的ですが、
性交渉のタイミングもあわせやすいのですが
卵胞の育ちが悪い人は排卵日がもっと後になったり
生理不順の人は排卵日が一定しないからタイミングがあわせにくくなります

そこでクロミットなどの薬をつかい、卵胞の育ちを促進させるのです

ではどんなふうに薬は効くのでしょう?

卵胞を大きくさせるには、脳から分泌されるFSH(卵胞刺激ホルモン)というものが仕掛人になっています
低温期は脳からこのFSHホルモンが分泌されて、卵巣を刺激します
卵胞には顆粒膜細胞という卵胞を覆っている細胞があって
それがFSHホルモンをキャッチして卵胞に刺激を伝え、その刺激をうけて卵胞は急速に大きく成長します



ところがその刺激がつたわりにくい状態になっていると卵胞は思ったように育ちません
クロミットなど排卵誘発剤を使うと、脳からより多くFSHホルモンが分泌されます
(クロミットは腦がFSHホルモンをたくさん出すようにする薬)

FSHが多く分泌されると、卵胞への刺激はより強くなるので、
反応のにぶかった卵胞も動き、卵胞の成長を促せるというわけです

ドラマの中でも、クロミットを飲んで受診した奈々は
卵胞の育ちを超音波で見たドクターが20ミリくらいまで育っているから
排卵近いからタイミングとってくださいと言われていました

FSHホルモンをたくさん分泌させると、たしかに卵胞の発育は期待できるのですが
体内のホルモンはバランス関係も大事で、FSHホルモンも過剰に分泌されると
そのバランス関係が乱れて、いきすぎた影響をおこすこともあるんです

FSHホルモンは閉経するとより分泌されるようになります
逆に閉経に近づくと減っていくのがエストロゲンという女性ホルモン
減っていくエストロゲンをカバーするためにFSHが多くなるのですが、
これが過剰になるとイライラしたり、のぼせが強くなり、
そこからさらにひどいと様々な不快症状が出てくるようになります
いわゆる更年期障害というやつですね

クロミットはFSHを多く分泌させるから、まだ更年期という年頃でない女性でも
更年期のような状態に傾けてしまうことがあるのです



これはまさに個人差があって、そういう症状も感じない人もあれば
Aさんのようにものすごく症状がでて、辛い人もしますし
卵胞は育ったけど、刺激が強すぎて卵巣に炎症をおこしてしまったという人もいます
人の体はそれぞれ違うというわけです

不妊治療はその人の体質によっては使う薬が劇的に効く人もあれば
効くけど副作用が辛い人、効きにくいうえに副作用も辛い人、様々です

体力のない人、体調のバランスの悪い方は副作用がよりきつくなるように思います
いま治療で体の体調がしんどいという方は時には休憩期間も持ち、
体を癒して体調をよくすることも大切なのかなと思います

漢方は不妊治療で使う薬で体調のバランスが悪くなってしまう人にも
その体調を整えてあげるにもお役にたてることが多いのです

Aさんは前回に書いたようなカウンセリングから漢方とサプリをはじめられて
約1年、自分でも体調に自信がもてるようになったので
再び病院にいかれるようになって、タイミング法2回目で妊娠されました

前回、Aさんの経過編を書いていくと予告しながら
ドラマでも登場した薬の話にスピンオフしてしまいました
次回は経過編を書きます

不妊でお悩みで漢方自然薬による妊娠しやすい体作りを相談してみたいという方
まずはホームページのメール相談フォームからお気軽にお尋ねください
https://ssl.xaas.jp/s0232036/login/enqueteEdit/index/EnqueteId/1

この記事を書いたプロ

漢方自然薬 わかまつ [ホームページ]

新岡和哉

愛媛県松山市竹原4丁目3-13 [地図]
TEL:089-907-8200

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
漢方自然薬 わかまつ 子宝カウンセラー 新岡和哉

松山市を拠点に全国からの子宝相談に応える漢方自然薬店(1/3)

 松山市中心部にほど近い閑静な住宅街。その一角にある漢方自然薬店の扉を開けると、たくさんの笑顔の写真が目に飛び込んできます。赤ちゃんを抱いた笑顔の女性、大きなおなかを愛おしそうになでる女性…、みなさん「漢方自然薬わかまつ」で子宝カウンセリン...

新岡和哉プロに相談してみよう!

愛媛新聞社 マイベストプロ

子宝カウンセリングで「妊娠しやすくなる体づくり」を応援します

店名 : 漢方自然薬 わかまつ
住所 : 愛媛県松山市竹原4丁目3-13 [地図]
TEL : 089-907-8200

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

089-907-8200

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新岡和哉(しんおかかずや)

漢方自然薬 わかまつ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
運動しなくてもいいダイエット
イメージ

前回、妊活にも場合によってはダイエットが必要なケースもあると書きましたが当店でおこなっているダイエットの...

[ ダイエット ]

妊活とダイエット
イメージ

妊娠しにくい原因に太りすぎというのはあるのか、気にされる方もいます肥満気味の方でもお子さんができている方...

[ 不妊 ]

妊娠に重要な役割をする「糖鎖」

皆さん、糖鎖とおい言葉こかれたことありますか私たちの体は何10兆ともいわれる細胞でできていますが、その...

[ 不妊 ]

病院の不妊治療とどう違うの?

連休のあけて本日より平どおりの営業をしています当店の漢方自然薬による不妊相談と病院でおこなう治療との違...

[ 不妊相談 ]

卵子の老化をくい止めよう
イメージ

年齢とともに妊娠が難しくなるのは卵子も歳をとっていくからです卵子は産まれたときから体の中にあり、新しく...

[ 不妊 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ