妊娠しやすい体づくりを支える漢方自然薬のプロ

新岡和哉

しんおかかずや

漢方自然薬 わかまつ

[ 松山市 ]

コラム

 公開日: 2018-01-31  最終更新日: 2018-02-07

不妊漢方相談の実際・初回カウンセリング

不妊でお悩みの方たち、不安を感じている皆さん

漢方で体質改善はどうなのかな、
漢方も気になり、相談に行きたい気もあるけど敷居が高くて踏み出せない
相談にいくとどんな話をされるのかな

興味はあってもいろいろ思われている方も多いと思います。

そこで実際に相談にこられた方のカウンセリングを具体的に書いてみたいと思います。

今回紹介するのは、当時結婚して3年目、30代のごAさんご夫妻です

まずはホームページの相談メールから相談に行きたいというメールが届きました
予約をしていただき、御夫婦で来店されました

結婚1年をすぎてから病院にも行き、検査うけて多嚢胞性卵巣症候群があるといわれて通院を開始
排卵誘発剤をつかいタイミング法を続けるも、薬があわず腹痛をおこすなど体調も不良になり、
今は病院での不妊治療は半年以上休んでいるという状態でした





薬を使わないと生理もとぶことが多く、来店された時も2カ月以上生理が来てませんでした
ネットで調べて、不妊に良いとされている漢方茶を飲まれていました。

自覚する体調を聞いても、かなりの冷え性で疲れやすい
お腹も下痢しやすく弱い、イライラしやすい、生理痛や頭痛ありで
病気ではないけど不健康、身体に余力がないという感じでした

この体調で仮に妊娠したとしても今の体調では10ヵ月の妊娠期間は大変だし、
なにより出産は体力を消耗しきるから
出産した後が体力も気力も必要な育児をすることは今の体調ではきつい
妊娠しやすくするためだけでなく、その後のことも考えて体調をもっとよくしましょうとお話しました。

この体調では妊娠しても、赤ちゃんを育てれるかなという不安は自分でも感じておられた様子で
私の話は腑に落ちたようでした



私の所では10個くらいの項目でその方の妊娠しやすい体調かどうかのレベルをチェックさせてもらってます

まず何より大事なのは、「体がエネルギー不足になってないか」
妊娠するためには主役となるのは卵子と精子です。
これが元気でエネルギーに満ちてないとはじまらない
卵子も精子もエネルギー不足では質が落ちて、受精力、妊娠力が下がってしまいます

実は不妊で相談にこられる方で30歳以上の方の大半(9割以上)にこれがあります
病院の不妊治療では、あまりここは重要視されてないように感じます。
Aさんもこれにあてはまっていました



「子宮、卵巣の状態が良いか悪いか」

卵胞を育てるにしても、受精卵が着床する子宮内膜が着床しやすいいい状態になるにも
血行がいいか、悪いかは大事で、冷えがあったり、
ドロドロしたような流れの血液だったり、
必要なだけの血液が巡ってなかったりしたら
子宮も卵巣も働きが悪くなります
Aさんは血流もかなり悪く、卵巣も子宮も本来あるべき力が発揮できてないという感じでした




「胃腸の働きがしっかりしているか」

エネルギーを作りだす材料は毎日食べるものですが、
それを消化して身体に取り込む消化器系(胃や腸)の働きが弱っていると
エネルギーの素になる栄養も摂りこめないので余計エネルギー不足になります
Aさんは胃腸も元気な方でなく、エネルギー不足にはここも関係してそうでした

まずはこの3点から体調の改善をしていかないといけないですよと言って処方の提案をしました

治療をしていく以上、お金は必要になりますから、希望される予算の中で折り合いがつくか
状態が悪いところが多いと、つかう処方の数と量も増えますから
Aさんの希望も聞き、プランを考えました
提案した処方を一度に全部を飲んでいくには予算が厳しいなら優先順位を考えて、
予算の枠の中で出来るだけ効果的に飲んでもらえる方法を考え、お話して
納得できる形でスタートできるように・・・・
そしてAさんは3種類の漢方とサプリをまずは始めることを決心されました。
(1カ月35000円くらい)

胃腸の働きを整えていく漢方
栄養の過不足を補うためと血液の質をよくするためにバイオリンク
卵巣の血行と感受性をよくすることも目的に、たんぽぽ茶ショウキ

これが初回に出した処方内容、初回のカウンセリング時間は2時間くらいでした
結果的にはここから1年2か月後に妊娠されるのですが・・・
初回に出した処方も経過とともに変わっていきます。

(このAさんも体験した不妊治療の薬での副作用のお話)
http://mbp-ehime.com/hunin/column/6133/

次は2回目からの経過編を書いていきます
経過編はこちら
http://mbp-ehime.com/hunin/column/6153/

不妊でお悩みで漢方自然薬による妊娠しやすい体作りを相談してみたいという方
まずはホームページのメール相談フォームからお気軽にお尋ねください
https://ssl.xaas.jp/s0232036/login/enqueteEdit/index/EnqueteId/1

この記事を書いたプロ

漢方自然薬 わかまつ [ホームページ]

新岡和哉

愛媛県松山市竹原4丁目3-13 [地図]
TEL:089-907-8200

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
漢方自然薬 わかまつ 子宝カウンセラー 新岡和哉

松山市を拠点に全国からの子宝相談に応える漢方自然薬店(1/3)

 松山市中心部にほど近い閑静な住宅街。その一角にある漢方自然薬店の扉を開けると、たくさんの笑顔の写真が目に飛び込んできます。赤ちゃんを抱いた笑顔の女性、大きなおなかを愛おしそうになでる女性…、みなさん「漢方自然薬わかまつ」で子宝カウンセリン...

新岡和哉プロに相談してみよう!

愛媛新聞社 マイベストプロ

子宝カウンセリングで「妊娠しやすくなる体づくり」を応援します

店名 : 漢方自然薬 わかまつ
住所 : 愛媛県松山市竹原4丁目3-13 [地図]
TEL : 089-907-8200

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

089-907-8200

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新岡和哉(しんおかかずや)

漢方自然薬 わかまつ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
妊活ドラマ、人工授精へ・・・
イメージ

妊活をテーマにしたドラマ「隣の家族は青く見える」昨夜のエピソードは主人公の夫婦がタイミング法から、人工授...

[ 不妊 ]

不妊漢方相談の実際③・妊娠までの経過編
イメージ

「不妊漢方相談の実際・初回カウンセリング」というコラムの続き、Aさん経過編です続けてすぐに書くつもりが違...

[ 不妊 ]

もっとも切ない不妊ストレス
イメージ

いま、放送中の妊活する夫婦を描いた「隣の家族は青くみえる」不妊治療の流れはこういうふうに行われていくんだ...

[ 不妊 ]

育児ママの会活動、新年会、食育クイズ
イメージ

昨日2月4日は松山は寒い中、愛媛マラソンがおこなわれていましたが、私の店では今年最初の育児ママの会遅まき...

[ 店のイベント ]

不妊漢方相談の実際② 不妊治療の薬の副作用で・・・
イメージ

前回のブログ「カウンセリング編」でご紹介したAさんの話に「排卵誘発剤をつかいタイミング法を続けるも、薬が...

[ 不妊 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ