妊娠しやすい体づくりを支える漢方自然薬のプロ

新岡和哉

しんおかかずや

漢方自然薬 わかまつ

[ 松山市 ]

コラム

 公開日: 2017-05-02 

5月病、うつは食事も影響与えていた

5月病 新入社員や大学生、転勤したサラリーマンなど春に環境が変わった人たち

がゴールデンウィーク明けの職場や学校に復帰する時に「やる気が出ない、

なんかしんどい」というような「うつ」的な状態に陥ることがよくあるため、いつしか5月病という言葉が生まれました。



この「うつ」なんですが、原因はというとストレスとか気持ちの問題にあるととらえられてきましたが、

近年の研究で食事による栄養バランスが関係深く、

うつ状態になっている人の95%が食事が関係していることがわかってきたそうです。


脳の中は様々な情報を運ぶ「渡し舟」のような神経伝達物質があるのですが、

それが不足すると脳の働きが落ちて「やる気が出ない」「眠れない」「何かしんどい」といううつ状態が出てきます。

この神経伝達物質の材料となるのがアミノ酸やブドウ糖でそれを働ける状態にするのがミネラル・ビタミン、

つまり私たちが日常の食事で栄養として摂取しないといけないものです。

インスタント食品や加工食品などを多く食べる現代の食生活ではミネラル・ビタミンが脳内で不足してしまうのです。



すると脳内で神経伝達物質があまり作れなくなり、不足をおこし、うつ状態をおこしやすくなるのです。

5月病になる人たちは親元を離れたり、単身赴任で偏った食事をとるようになる傾向があります。


実際、うつになり様々な薬を飲んでもよくならない人tが、ミネラル製剤を飲み、

食事療法をすることで改善していっています

私たちの体は食べるもので作られる・・脳の伝達物質、そういう見えないものも食べ物で作られているんですね。

この記事を書いたプロ

漢方自然薬 わかまつ [ホームページ]

新岡和哉

愛媛県松山市竹原4丁目3-13 [地図]
TEL:089-907-8200

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
漢方自然薬 わかまつ 子宝カウンセラー 新岡和哉

松山市を拠点に全国からの子宝相談に応える漢方自然薬店(1/3)

 松山市中心部にほど近い閑静な住宅街。その一角にある漢方自然薬店の扉を開けると、たくさんの笑顔の写真が目に飛び込んできます。赤ちゃんを抱いた笑顔の女性、大きなおなかを愛おしそうになでる女性…、みなさん「漢方自然薬わかまつ」で子宝カウンセリン...

新岡和哉プロに相談してみよう!

愛媛新聞社 マイベストプロ

子宝カウンセリングで「妊娠しやすくなる体づくり」を応援します

店名 : 漢方自然薬 わかまつ
住所 : 愛媛県松山市竹原4丁目3-13 [地図]
TEL : 089-907-8200

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

089-907-8200

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新岡和哉(しんおかかずや)

漢方自然薬 わかまつ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
妊活ドラマ、人工授精へ・・・
イメージ

妊活をテーマにしたドラマ「隣の家族は青く見える」昨夜のエピソードは主人公の夫婦がタイミング法から、人工授...

[ 不妊 ]

不妊漢方相談の実際③・妊娠までの経過編
イメージ

「不妊漢方相談の実際・初回カウンセリング」というコラムの続き、Aさん経過編です続けてすぐに書くつもりが違...

[ 不妊 ]

もっとも切ない不妊ストレス
イメージ

いま、放送中の妊活する夫婦を描いた「隣の家族は青くみえる」不妊治療の流れはこういうふうに行われていくんだ...

[ 不妊 ]

育児ママの会活動、新年会、食育クイズ
イメージ

昨日2月4日は松山は寒い中、愛媛マラソンがおこなわれていましたが、私の店では今年最初の育児ママの会遅まき...

[ 店のイベント ]

不妊漢方相談の実際② 不妊治療の薬の副作用で・・・
イメージ

前回のブログ「カウンセリング編」でご紹介したAさんの話に「排卵誘発剤をつかいタイミング法を続けるも、薬が...

[ 不妊 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ