コラム

 公開日: 2017-11-04 

介護職員の職場への帰属意識を高めるために

介護業界における不思議なことの一つに、
スタッフが名刺を持っていないことがあります。
なぜでしょうね~?本当に不思議です。

管理職の集合研修の休憩中や終了後に、個別に質問を受けることがあります。
一通りお話を伺ったあとで、挨拶代わりに、名刺をこちらが渡しますと、
気まずそうに、「ごめんなさい。私、名刺が無いんです…」
こんなやりとりを、何度も経験します。

スタッフのモチベーションを支える要素の一つが「帰属意識」です。
本来なら、職場に誇りを持ってもらうにはどうしたら良いのかというような、
大事な話をしたいのに、
「あなたの事業所の全スタッフに名刺を作ってあげませんか?」
というごく当たり前の話から、始めなければなりません。

一昔前は、名刺は100枚単位で注文し、プラスチックのケースに入ったものが
渡されていました。金額でいうなら2~3千円程度でしょうか。
しかし、パソコンが普及した現在、
専用のシートを購入すれば、1枚単位から名刺を印刷することができます。
会社の全スタッフに10枚ずつ名刺を作ってあげることなど、簡単にできるのです。

研修でお伝えすると
「うちでも、さっそくやってみます」という感想をいただく話の一つです。
でも、実際に実行できる事業所は少ないんですね~。
だから、冒頭の場面が何度も繰り返されるのです。
繰り返される限り、私は、声を大にして、言い続ける覚悟です。
「どうぞ、大切なスタッフのみなさんに名刺を作ってあげて下さい!」

◇今すぐ役立つ職場づくりのヒントが満載のコラム 
http://goodcom.co.jp/category/colum
◇弊社が提供する3つのサービス
http://goodcom.co.jp/service
◇相談無料!お気軽にお問い合わせください。 
http://goodcom.co.jp/contact

この記事を書いたプロ

株式会社グッドコミュニケーション [ホームページ]

産業カウンセラー 中田康晴

愛媛県松山市千舟町4丁目6-10 プログレッソ千舟5A [地図]
TEL:089-948-9240

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中田康晴プロ

介護現場のコミュニケーション改革に全力で取り組む介護職専門カウンセラー(1/3)

 「職場づくりや組織づくりはすべて現場のコミュニケーションにかかっている」と熱く語るのは、松山市中心部にある株式会社グッドコミュニケーションの代表中田康晴さん。全国でも数少ない介護職専門の産業カウンセラーです。 介護事業所から相談が寄せら...

中田康晴プロに相談してみよう!

愛媛新聞社 マイベストプロ

人が辞めない魅力ある職場作りを実務面・心理面から支援できる。

会社名 : 株式会社グッドコミュニケーション
住所 : 愛媛県松山市千舟町4丁目6-10 プログレッソ千舟5A [地図]
TEL : 089-948-9240

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

089-948-9240

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中田康晴(なかたやすはる)

株式会社グッドコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
給料が安いという介護職員にどう対応するか

介護職の収入が一般的な仕事と比較して低いとよく言われます。しかし、あまり知られていないのですが、サラリ...

介護現場におけるリーダーとスタッフの良好な関係づくり

介護現場において、リーダーとスタッフの関係づくりは一番の課題ではないでしょうか。リーダーの関わり方一つで...

介護記録の作業時間を速く、効率的に行うために

利用者に対して一生懸命介護をして、心身共に疲れ果てていたとしても、やらなければならないのが、介護記録です...

介護職員が成長する職場には何が必要なのか

さて、今多くの介護事業所が、人材育成に頭を悩ませています。人を育てるためには、教育研修が必要です。これ...

こんな指導法もあります

人を指導するのが難しいという声をよく聞きます。やさしく言ったのではわかってもらえないことが多いし、厳し...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ