コラム一覧

1件~15件(17件)

過去の15件

スタッフに一番喜んでもらえる休日をつくるには

介護スタッフが望んでいるものの一つに連休があります。給与については、介護報酬に左右されますから、事業所の努力だけで、解決できるものではありません。しかし、休日であれば、同じ日数でも、設定の仕方次第で、スタッフの満足度を格段に高めることができます。一番シンプルで効果... 続きを読む

2018-02-19

年齢層を意識した介護職員の効果的な採用

スタッフを定着させていくための方法として、世代間ギャップを埋めていくという策があります。特に、高卒の新人スタッフを、採用するのは、非常に大切なことであると思います。社会人経験のない、若い職員を育てていくには、手間も時間もかかります。あまりのできなさ加減に、周囲のスタッフ... 続きを読む

2018-02-08

会議の参加率改善が職場を変えていく

組織の一体感や連帯感を図る指標となるものが、参加率です。全体会議、ユニット会議、各種委員会等の公式な集まりと、歓迎会、暑気払い、忘年会等の非公式な集まり。例えば100名の職員がいて、何名が参加するのか?参加させることができるのか?一般企業であれば、会議の全員参加など当たり... 続きを読む

2018-02-03

介護職員の成長に欠かせないキャリアパスの考え方

キャリアパスとは、簡単に言えば、キャリアの道、進路のことです。介護職では特に処遇改善加算の対象となるもので非常に重要なものです。組織における職位や職務に就くために必要な経験やスキル、順序、配置異動の道筋ですね。どのような仕事をどれくらいの期間担当し、どの程度の習熟レベル... 続きを読む

2018-01-22

介護の職場を改善したい時、本当に必要とされる支援とは

新しい年の始まりですね。みなさん、今年はどんな年にしますか?職場改善の改革元年にするのはどうでしょうか?職場活性化研修などで、同じ人間が、同じ空間で、同じ内容を伝えても、受け取る側の理解や価値観の違い、事業形態や構成する従業員の違いによって、行動の差が生まれます... 続きを読む

2018-01-06

介護の仕事は給料が安いのか?

介護事業所の研修ではこんなことも伝えます。今、介護の現場で働いているスタッフのみなさんも、30年、40年後は、介護を受ける側になる可能性があります。これは、誰も避けられない現実です。そして、その時、自分たちを介護してくれる人が果たしているのだろうか?慢性的な人手不足の... 続きを読む

2017-12-25

介護職員のモチベーションアップ研修

イメージ

介護事業所から、職員さんのモチベーションアップの研修をよく依頼されます。どのような業種でもストレス対策は重要だと思いますが、特に介護の場合は、対人援助業務であり、感情労働であり、日々のストレスにうまく対応していかなければ、ストレスがたまって、人間関係がうまくいかなくな... 続きを読む

研修

2017-12-15

ストレスチェック制度は経営戦略 活かせていますか

ストレスチェックが義務化されてからちょうど2年になります。みなさんの事業所では、効果的に活用されているでしょうか?ストレスチェックはゴールでもなければ、目的でもありません。メンタルヘルス不調を防止する「快適な職場づくり」こそが、目的です。このストレスチェック制度を形だけ... 続きを読む

2017-12-06

介護職に効果抜群の使える評価ツール

スタッフの頑張った事を認める、そして誰からも文句が出ない公平な評価を行うツールとして、100回帳の活用をオススメします。用意するものは、100マスの罫線が引かれた用紙のみ。認印が押せるだけのスペースとして、1.5㌢×1.5㌢の枠があれば十分でしょう。ハガキサイズの用紙であれば、裏... 続きを読む

2017-11-28

給料が安いという介護職員にどう対応するか

介護職の収入が一般的な仕事と比較して低いとよく言われます。しかし、あまり知られていないのですが、サラリーマンの平均年収は、介護保険がスタートした平成12年には467万円でしたが、平成26年は415万円です。50万円も減少しているのです。世間の平均年収は、こんな感じで下がってきて... 続きを読む

2017-11-18

介護現場におけるリーダーとスタッフの良好な関係づくり

介護現場において、リーダーとスタッフの関係づくりは一番の課題ではないでしょうか。リーダーの関わり方一つで、スタッフはやる気にもなれば、辞める気にもなります。まず原則として、2人の間に基本的信頼関係がなければ、誉めても、叱っても効果はありません。自分が認めていない人から、誉... 続きを読む

2017-11-10

介護職員の職場への帰属意識を高めるために

介護業界における不思議なことの一つに、スタッフが名刺を持っていないことがあります。なぜでしょうね~?本当に不思議です。管理職の集合研修の休憩中や終了後に、個別に質問を受けることがあります。一通りお話を伺ったあとで、挨拶代わりに、名刺をこちらが渡しますと、気まずそう... 続きを読む

2017-11-04

介護記録の作業時間を速く、効率的に行うために

利用者に対して一生懸命介護をして、心身共に疲れ果てていたとしても、やらなければならないのが、介護記録です。利用者がいる時には、後回しにされがちで、どうしても業務終了後に、やることが多いようです。そして、たいてい手書きでされることが多く、何度も同じような内容を書かなければ... 続きを読む

2017-10-28

介護職員が成長する職場には何が必要なのか

さて、今多くの介護事業所が、人材育成に頭を悩ませています。人を育てるためには、教育研修が必要です。これは間違いありません。ただ、人が育つ組織、社風を作るのには時間と反復学習が不可欠なのです。全社的な研修を全社員が受講し、方向性の統一をはかり、共通意識を持ち、次は小... 続きを読む

2017-10-18

こんな指導法もあります

人を指導するのが難しいという声をよく聞きます。やさしく言ったのではわかってもらえないことが多いし、厳しく言ってしまうとパワハラと言われるし…。本屋では、「怒れ」という本が売れれば「怒るな」という本が出てくる(笑)さて、どちらがいいのでしょうね。私のおすすめの指導法は... 続きを読む

2017-10-09

1件~15件(17件)

過去の15件

コラムのテーマ

RSS
 
このプロの紹介記事
中田康晴プロ

介護現場のコミュニケーション改革に全力で取り組む介護職専門カウンセラー(1/3)

 「職場づくりや組織づくりはすべて現場のコミュニケーションにかかっている」と熱く語るのは、松山市中心部にある株式会社グッドコミュニケーションの代表中田康晴さん。全国でも数少ない介護職専門の産業カウンセラーです。 介護事業所から相談が寄せら...

中田康晴プロに相談してみよう!

愛媛新聞社 マイベストプロ

人が辞めない魅力ある職場作りを実務面・心理面から支援できる。

会社名 : 株式会社グッドコミュニケーション
住所 : 愛媛県松山市千舟町4丁目6-10 プログレッソ千舟5A [地図]
TEL : 089-948-9240

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

089-948-9240

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中田康晴(なかたやすはる)

株式会社グッドコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
スタッフに一番喜んでもらえる休日をつくるには

介護スタッフが望んでいるものの一つに連休があります。給与については、介護報酬に左右されますから、事業所...

年齢層を意識した介護職員の効果的な採用

スタッフを定着させていくための方法として、世代間ギャップを埋めていくという策があります。特に、高卒の新人...

会議の参加率改善が職場を変えていく

組織の一体感や連帯感を図る指標となるものが、参加率です。全体会議、ユニット会議、各種委員会等の公式な集ま...

介護職員の成長に欠かせないキャリアパスの考え方

キャリアパスとは、簡単に言えば、キャリアの道、進路のことです。介護職では特に処遇改善加算の対象となるもの...

介護の職場を改善したい時、本当に必要とされる支援とは

新しい年の始まりですね。みなさん、今年はどんな年にしますか?職場改善の改革元年にするのはどうでしょうか...

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ