>   >   >   >   >   >  コラム詳細

瓦から遮熱まで屋根周りの悩みに何でも応えるプロ

豊島大

とよしまだい

有限会社トヨシマ瓦店

[ 松山市 ]

職種

コラム

 公開日: 2018-04-07 

遮熱のしくみ(その1)

マイベストプロの紹介記事でも掲載している遮熱工事についてですが、どのような理由で暑さ、寒さ対策工事と謳っているのか記事をいくつかに分けて説明したいと思います。

なぜ建物は夏場暑く、冬は寒くなるのでしょうか?
その理由を理解してもらうためには、熱の伝わり方を理解する必要があります。

熱は温度が高いところから低いところへと移動して行きます。そして熱移動の方法には3種類あり、それを熱移動の三原則と言います。
中学か高校の授業でも習っているはずなので、お子さんがいる方などは教科書を見てみてください。

熱移動の3原則とは「伝導」「対流」「輻射」の3つの事を指します。
「伝導」
伝導とは物体を媒体にした熱移動です。物体と物体が接触することで熱が移動することを言います。
身近な事だとアイロンがけや、人と握手した時に起こっています。

「対流」
対流とは空気を媒体にした熱移動です。真夏に冷房を効かせた部屋の窓を開けると暖かい風が入り込んでくるのが分かると思います。それが対流による熱移動です。

「輻射」
輻射とは電磁波を媒体にした熱移動です。電磁波を受けた物体は、分子衝突が発生して輻射熱を発生します。輻射熱が発生した物体は、また電磁波を発生することによって他の物体に分子衝突を起こさせます。これを輻射による熱移動と言います。

この3つの熱移動のうち、建物に最も影響を及ぼすのが「輻射」です。
なぜ輻射が最も影響してくるのかは、次回の記事で紹介させてもらえればと思います。

この記事を書いたプロ

有限会社トヨシマ瓦店 [ホームページ]

工務店 豊島大

愛媛県松山市東方町2252-1 (有)トヨシマ瓦店松山営業所 [地図]
TEL:080-6398-2709

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
豊島大 とよしまだい

「屋根」のことなら何でも相談できる、気さくで頼もしい瓦店(1/3)

 「お客さまにとって身近な『屋根』の相談相手でありたい」と、話すのはトヨシマ瓦店の豊島大さん。実家は西条市と松山市で3代続く瓦店です。修業のため、江戸時代から続く三大瓦産地のひとつであり、国内最大の生産量を誇る三州瓦のメーカーで6年間研鑽を...

豊島大プロに相談してみよう!

愛媛新聞社 マイベストプロ

リフレクティックスを使用した遮熱工事が好評

会社名 : 有限会社トヨシマ瓦店
住所 : 愛媛県松山市東方町2252-1 [地図]
(有)トヨシマ瓦店松山営業所
TEL : 080-6398-2709

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-6398-2709

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

豊島大(とよしまだい)

有限会社トヨシマ瓦店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
遮熱のしくみ(その3)
イメージ

今回は断熱と遮熱の違いを紹介したいと思います。結論から言うと、断熱と輻射では対策できる熱移動の方法が違...

[ 遮熱工事について ]

遮熱のしくみ(その2)
イメージ

前回の記事で熱移動の三原則の内、建物に対して「輻射」の影響が最も大きいと言った理由を説明します。前回の記...

[ 遮熱工事について ]

屋根点検用ドローン導入!
イメージ

先日、屋根点検用のドローンを導入しました!じゃーんiPadで、撮影した画像をその場で確認で...

[ 屋根点検 ]

いぶし瓦

愛媛の菊間瓦や淡路瓦などの銀瓦の事を言います。素焼状態の瓦が入った窯に炭素を注入して、瓦から酸素が抜け...

[ 屋根材の種類 ]

無釉薬瓦

名前の通り、釉薬を塗らずに焼き上げた瓦です。素焼や窯変と言われるものです。素焼は瓦の粘土に含まれる...

[ 屋根材の種類 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ