コラム

 公開日: 2011-04-24 

中小企業 / 銀行交渉 / リスケジュール / 経営改善計画書 / 経営コンサルタント

春先には、り・スケジュール交渉が多くなる。
なぜだか? 銀行の3月末決算が終わる、この時期に多くなる。

モラトリアム法(中小企業等金融円滑化法)の施行後は、銀行のリスケに対する考え方も変わってきた。
余程のことがないかぎり、リスケジュールは承認されている。
返済猶予法も1年半近くを経過し、残りが1年という状況になってきた。

たぶん、来年の3月で終わりになるのであろう。
金融機関の対応に変化が出始めている。
メガバンク(都市銀行)以外は、一年間のリスケに応じなくなってきている。
地銀、信金ともに半年間での見直しでという条件になる。
去年の秋口くらいからの金融庁監査で、半年間でのモニタリング指導を地銀が受けた様子。

現場に行かない、現場を知らない、そんな経営コンサルタントは知らないであろうが、
このように現場では金融の情勢は常に変化をしている。

顧問先や新規のクライアント先では、2年目のリスケや3年目のリスケという会社もある。
その多くはセカンドオピニオンである。
どこかの経営コンサルタント会社が経営改善計画書を書いていたり、
中小企業診断士や税理士の方が再生計画書を書いていたりというパターンである。

計画と実行が伴わないので、再度のリスケのお願い、計画書の修正、打ち合わせ、
それからバンクミーティングというようなことが行われるのである。。。

経営コンサルタント事務所によっては、多くのコンサルタント料金をいただくために、
とてつもない厚みの計画書を作成する事務所も存在する。
統計や業界指標や中小企業白書やTKCの資料を添付したり、
社内での行動計画をとんでもなく厚い資料にしたりの工夫が見受けられる。

計画書のアクションプログラムを実行しようとすると、銀行への定期報告の資料作成のためだけに、
従業員を一人は雇用しないととても対応ができないというような内容の重い計画書も存在する。
計画書には、経費の削減、固定費の削減、人員の削減、給与の削減、遊休資産の売却、
そんなことが書かれているのに、経営コンサルタントが書いた計画書で大きな費用が発生してしまう。

なぜ? こんなことが起きるのか?
答えは、現場を知らないからである。。。
経営コンサルタントがおこす人災である。。。

ましてや、金融期間もアクションプログラムの多大な報告など望んでもいない。
銀行が望むのは、結果であり、いつからいくらの返済ができるかの報告である。

多くの計画書の作成費用をいただくために、意味のない分厚い再生計画書を書く経営コンサルタント、
顧問先のために何の意味があるのであろうかと、いつもいつも不思議に思ってしまう。

銀行から紹介されて経営改善計画書を書いている大手の経営コンサルタント経営コンサルタント会社、
費用は企業からいただくのに銀行に好かれるような内容の計画書を書くのである、
嫌がることは書かないし言わないのであるからバンクミーティングは一発OKである。

これでいいのであろうか?

こんな案件のセカンドオピニオンは疲れる。
私が悪いわけではないが、まずは社長さんと一緒に謝罪をしなければならない。
知らなかったことではあるが、了解して提出をしたのは企業である。

事情や内容がわかるにつれ、経営者の前任の経営コンサルタントへの怒りはおさまらない。
しかし、今さらである。。。
本来は、自社で作成して提出することが大前提であるのだから・・・

話せばわかる、銀行さんも・・・
いろんな事情や理由の説明をして、再生計画書の修正を了解をしていただく。

しかし、そう現実は甘くない。
了解はしても受け取れるかどうかには、また別な問題が起きてくる。

現場での銀行交渉の実務経験がある経営コンサルタントの先生なら知っていると思うが、
今度は監督官庁の金融庁の金融検査マニュアルなどという存在がある。

経営改善計画書の修正をすると、金融期間のコンサルティング機能やモニタリング機能が十分でなかった。
そうなると、格付けを落としなさい、引き当てを積みなさい、そんな変な話になってしまう。
そんなことにならないように計画書の修正をすることは容易ではない。

おかしな話であるが、これが監督官庁の指導である。
企業は生き物である、現状を正確に把握して見つめなおして修正ををする、当たり前のことである。

これが・・・
現場で起こる事件であり、事実である。

こんなことは、本やセミナーでは教えてくれない。
現場で実務を経験して、初めてわかってくることである。

モラトリアム法も残りが1年である。
金融期間の対応も変化が出始めている。
現場では、その風を感じるし、その温度も感じることができる。

事務所で電卓はじいて係数や比率を計算していても、
分厚い書類を作成するために資料を集めていても、
今の金融情勢の流れは感じることはできないであろう。

現場では変化が起きている。
最近、特にそう感じるのであるが・・・

震災の影響なのか、経済の影響なのか、政治の影響なのか、
私にはわからないが金融の周辺状況は変化しつつあると感じる。


HP:DSKプランニング
   http://www.dsk-p.jp/

~復興への事業再生アシスト~
HP:TMAssist
http://www.tmajapan.org/jp/index.html

この記事を書いたプロ

DSKプランニング [ホームページ]

経営コンサルタント 網師本大地

愛媛県松山市昭和町65-1 グレースレジデンス102号 [地図]
TEL:050-1565-2605

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
網師本大地 あじもとだいち

「社長の家庭教師」として企業再生に真っ向から取り組んでいます。(1/3)

 長引く経済不況に喘(あえ)ぐ、現在の日本。各企業では、経営改革の名の下に、組織の合理化や雇用調整などのリストラクチャリングが進められています。しかし、とりわけ中小企業の中には、そうした改善策を施してもなお厳しい経営状況にあったり、すでに困...

網師本大地プロに相談してみよう!

愛媛新聞社 マイベストプロ

会社名 : DSKプランニング
住所 : 愛媛県松山市昭和町65-1 グレースレジデンス102号 [地図]
TEL : 050-1565-2605

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-1565-2605

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

網師本大地(あじもとだいち)

DSKプランニング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
つくぼ商工会、岡山県商工会連合会/職員と経営指導員のセミナー、経営コンサルタント

岡山県のつくぼ商工会さんで、経営指導員と職員さん向けにセミナーをやりました。何を会員企業につたえるの...

建設業の経営改善と現場での実効支援/バンクミーティング、経営コンサルタント、経営再建

《キックオフのミーティングで!》 ... 金融機関の役員の方から、「この建設会社の工程管理とか原価管...

建設会社の事業再生の現場から感じること!/決算書を下から見るのが銀行員/経営コンサルタント

債務者と債権者の関係から・・・最近わかってきたことだが・・・数字を下から見るのが銀行員。...

建設会社の粉飾決算と融資のストップ / 銀行を知らない顧問税理士の罪 / 経営コンサルタント

残念な決算書(^_^;)よくある話なのだが…・経営事項審査の点数維持と入札ランク維持のために厚...

銀行からの経営コンサルタントの身元調査/建設業の事業性評価、不振企業の経営改善、伴走型の実効支援

≪銀行さんからの建設業の伴走型の実行支援の依頼!≫最近、金融庁がいう、事業性評価、主要取引先の企業価...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ