コラム

 公開日: 2011-03-28 

お嬢ちゃん vs オッサン / 企業再生 / 中小企業の再建 / 経営コンサルタント

あるセミナーでの話。
事業再生での勉強会で出会ったお嬢さん? お姉さん? 経営コンサルタントとの話。

セミナーが終わり、懇親会で席が隣になり、名刺交換をして、
いろんな仕事の内容や情報交換を会話した。

社長は孤独であり、再生の場面で社長を動かすことが一番難しいことですね・・・
そんな話をしていると・・・

ハイヒールを履いた、つけづめをした、胸元のシャツを2つも3つも開けた、
このお嬢さんから、とても素敵なアドバイスをいただいた。

・社長は孤独です。
・社長が本当に求めていることを見抜くことが大切です。
・苦言であっても、社長が納得して行動をできるようなアドバイスができることが大切です。

うーん???
この子は凄いな~!
そう感じた。。。

そのためには・・・

・社長に対するプレゼン能力が大切になります。
・企画書が重要になります。
・パワーポイントを使って、リアルに表現をしなければなりません。

うーん???
パワーポイント? プレゼン? 企画書?
東京電力にでも行って企業再生を役員にプレゼンをするのか?
そう感じてしまった。。。

続けて・・・
SWOT分析をして、ミクロとマクロになんとかして???
ランチェスター経営をして、社内にコーチングをして、PDCAサイクルをまわして、
改善と戦略・戦術を同時にまわしていくと教えていただいた。

感想は・・・
このお嬢さんかお姉ちゃんは頭脳は優秀なのであろう。
この経営コンサルタント会社にはマニュアルがあるのであろう。
セミナーにもよく参加をするし、専門書もたくさん読んでいるのであろう。

オッサンはちょっぴりアホになって(もともとアホではあるが・・・)
「頭が悪いので、今言ったカタカナと英語を日本語で話していただけませんか?」
そう応えると、こんな言葉も知らないのか? という顔で、
「この言葉の意味も知らないのですか?」
そう言われてしまった。。。

そうすると向かいの再生実務家のプロフェッショナルな先生が、
「○○さん、日本語の意味を知らずに話をしているということは、
相手先の社長に伝わっていないということですよ。」
「専門用語を知らない社長さんはたくさんいます。」
「中小企業の再生現場ではよくあることです。」
「網師本 大地さんは知らないのではなく、あなたが本当の意味を知っているかを聞いているのですよ。」

お嬢さんは黙ってしまった。

こういうお兄ちゃんやお姉ちゃんはよく見かける。
企業を再生させる、夢のある仕事である、恰好いい仕事である、
そんな思いで優秀な若者が経営コンサルタント会社に中途採用で就職をしてくる。

会社のマニュアルを覚え、指数の計算テクニックを覚え、計画書をどう厚く書くかを覚えていく。
最新のセミナーにも参加をして、最新の書物もたくさん読んでいく。

けれど・・・
会社には行かない、現場にも行かない、結果として実務の経験が全くない。

経営の経験もない、経営者と一緒に経営を悩んだこともない、人を使う難しさも知らない、
資金繰りの苦労も知らない、カネの苦労も一緒にしたことがない、
そして、机上の空論&頭でっかち&カタカナの経営コンサルタントが完成されていく。

とても感じのいいお嬢さんであった。
現場で実務の経験がつめたなら、いい再生実務家になれるのであろう。
知識があることはいいことである。
しかし、現場での経験でしか知恵は蓄積をされていかない。

いろんなセミナーに行くといろんな出会いがある。
少し自分の目線を下げて聞いてアホになって聞いていると、いろんな面白い話が聞ける。

いろいろ話を聞いていて面白かったのは・・・
このお嬢さんが経営コンサルタント会社に入って半年であったということである。
その経験で再生を熱く語る、それを教えている、そう思わせている、この会社の上司は凄いと思った。

この会社の上司も面識はあるが・・・
社長から相談があったら、知らないことでも間違っていたとしても、即座に即答をせよ!
そういう教えの経営コンサルタント会社である。

社長に凄いと思わせる、社長になんでも知っている、
そのことが大切であり、間違いの答えで会社が道を誤っても気にしていない人であった。

ちょっと前だが・・・
不思議な経営コンサルタント会社の社員と会話をしました。

そんな出来事でした。。。

最近、多いんですよね・・・
経営コンサルタントの仕事が格好いいと思っている方が・・・

現場では、会社では、いつも泥だらけになるんですがね。。。
社長個人や社長の家族まで合わせて、中小企業の企業再建である。
私はそう思っている。

この記事を書いたプロ

DSKプランニング [ホームページ]

経営コンサルタント 網師本大地

愛媛県松山市昭和町65-1 グレースレジデンス102号 [地図]
TEL:050-1565-2605

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
網師本大地 あじもとだいち

「社長の家庭教師」として企業再生に真っ向から取り組んでいます。(1/3)

 長引く経済不況に喘(あえ)ぐ、現在の日本。各企業では、経営改革の名の下に、組織の合理化や雇用調整などのリストラクチャリングが進められています。しかし、とりわけ中小企業の中には、そうした改善策を施してもなお厳しい経営状況にあったり、すでに困...

網師本大地プロに相談してみよう!

愛媛新聞社 マイベストプロ

会社名 : DSKプランニング
住所 : 愛媛県松山市昭和町65-1 グレースレジデンス102号 [地図]
TEL : 050-1565-2605

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-1565-2605

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

網師本大地(あじもとだいち)

DSKプランニング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
つくぼ商工会、岡山県商工会連合会/職員と経営指導員のセミナー、経営コンサルタント

岡山県のつくぼ商工会さんで、経営指導員と職員さん向けにセミナーをやりました。何を会員企業につたえるの...

建設業の経営改善と現場での実効支援/バンクミーティング、経営コンサルタント、経営再建

《キックオフのミーティングで!》 ... 金融機関の役員の方から、「この建設会社の工程管理とか原価管...

建設会社の事業再生の現場から感じること!/決算書を下から見るのが銀行員/経営コンサルタント

債務者と債権者の関係から・・・最近わかってきたことだが・・・数字を下から見るのが銀行員。...

建設会社の粉飾決算と融資のストップ / 銀行を知らない顧問税理士の罪 / 経営コンサルタント

残念な決算書(^_^;)よくある話なのだが…・経営事項審査の点数維持と入札ランク維持のために厚...

銀行からの経営コンサルタントの身元調査/建設業の事業性評価、不振企業の経営改善、伴走型の実効支援

≪銀行さんからの建設業の伴走型の実行支援の依頼!≫最近、金融庁がいう、事業性評価、主要取引先の企業価...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ