コラム

 公開日: 2011-01-27 

事業所の経過年数別生存率 / 中小企業白書


経過年数別生存率という記事が気になった。

起業した会社が社長がどうなったか?

開業後1年で約3割が廃業をするのである。
10年後まで生き残れるのは約2割5分である。
つまり、10年という歳月で4人中3人が失敗をするのである。

確か、株式会社だと10年で1割しか生存しなかったように記憶している。

企業経営は厳しいし難しいということであろう。

*** 失敗をするケースとして ***

・一旗あげてやろう
・会社に使われるのが嫌になった(サラリーマンが嫌になった)

こういう安易な考えは、まず失敗をするらしい。


他には・・・

・サラリーマン時代の実績を過信するケース
上場会社で優秀な社員として、多くのプロジェクトや大きなお金を動かしていたケース

大きな会社でなくても、このような勘違いは生じる。
すべての仕事の成果が、すべて自分の実力だと勘違いをするケースである。

そこには、会社の看板があったということが独立して初めてわかるというケースである。
己を過信することはよくない。

独立しても失敗するのは、「上司とうまくいかない」「会社がつまらない」
このようなケースである。

企業することは簡単ではない。
中小企業の社長を務めるのも簡単なことではない。

企業には志が必要である。
日本は社長の失敗のリベンジが簡単な国ではない。

サラリーマンを続けることもたいへんである。
理不尽なことにも耐えて働かなければならない。

世の中なんて、うまくいかないことの方が圧倒的に多い。
どのお父さんも耐えなければならない。

サラリーマンと社長は違う。
独立を目指すなら、社長業を学ばなければならない。

安全をとるかリスクをとるか?
鶏口牛後となるのか?

本当に難しい時代である。
生きづらい夢の持てない時代である。

何がいいのかわからないが・・・

この記事を書いたプロ

DSKプランニング [ホームページ]

経営コンサルタント 網師本大地

愛媛県松山市昭和町65-1 グレースレジデンス102号 [地図]
TEL:050-1565-2605

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
網師本大地 あじもとだいち

「社長の家庭教師」として企業再生に真っ向から取り組んでいます。(1/3)

 長引く経済不況に喘(あえ)ぐ、現在の日本。各企業では、経営改革の名の下に、組織の合理化や雇用調整などのリストラクチャリングが進められています。しかし、とりわけ中小企業の中には、そうした改善策を施してもなお厳しい経営状況にあったり、すでに困...

網師本大地プロに相談してみよう!

愛媛新聞社 マイベストプロ

会社名 : DSKプランニング
住所 : 愛媛県松山市昭和町65-1 グレースレジデンス102号 [地図]
TEL : 050-1565-2605

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-1565-2605

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

網師本大地(あじもとだいち)

DSKプランニング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
松山市開催 5月16日(水) / 建設業の事業性評価セミナー 経営コンサルタント 企業再建

一般社団法人 事業再生支援協会SRC四国支部  事業再生コンサルタント講座(養成・実践・応用)    ~...

建築会社(工務店)の決算バンクミーティング/現場での事業再生/経営コンサルタント

《①バンクミーティング》この前のモニタリング会議のお話‼️前々期が完工高1億で営業損失が1千...

建設会社のバンクミーティング/資金繰り表とCF計算書/経営コンサルタント、企業再建、銀行交渉

先日の重い案件の初回のバンクミーティングで…銀行の支店長代理が、経営改善計画書の説明が終わった...

人脈のない世間知らずな建設業の2代目・3代目の社長/経営コンサルタント、社長の家庭教師

建設業の経営者にはいろんなタイプの人がいる。営業が得意な人、人脈の広い人、しかし、経理面の数...

建設会社の経営相談!/社長の現状把握と聞く態度/経営コンサルタント、企業再建

≪公的機関の専門家派遣の経営相談での出来事!≫オッサンもたまにではあるが…いろんな公的な機関の専門家の登...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ