コラム

 公開日: 2010-12-31 

大晦日 / 今年の一年は・・・


今日で今年の一年が終わる。
一年も過ぎてみれば早いものである。
年歳とともに早くなっていく。

どんな年だったのか?

倒産件数は少なかった。
金融円滑化法(モラトリアム法)の影響で返済猶予が簡単であった。
緊急保証制度によって中小企業の資金需要が簡単であった。
倒産件数の大きな割合を占める建設業者に、経済対策予算の補正予算の工事が残っていた。

どうなるのか? 来年は?

モラトリアム法は2012年まで延長されるが、そのハードルはだんだんと高くなっている。
以前のリスケ交渉のような高いハードルに近づいている。

緊急保証制度は2011年3月で終了となる。責任共有制度に戻ってしまう。
中小企業向けの融資はかなり厳しくなり、運転資金名目の融資はかなり高いハードルになると思う。

公共事業は今年度に17%ダウンした。来年の春からはさらに10%以上のダウンである。
地方の公共事業しかない地域の建設業者の経営はとんでもなく厳しいものになるであろう。

自殺者数は今年も3万人を超えた。
来年もこの数字は超えてしまうのであろう。

来年も中小企業の経営は厳しい。
仕事はない、利益は出ない、お金は借りられない、待ってもらうのも難しくなる。
政権が何かをしない限り、この状況は変化がないであろう。

できることはきっとある。
社長が変われば会社も変わる。
「中小企業は社長の器以上に大きくはならない、また、大きくはしてはならない」

来年も・・・
「あきらめない、あきらめないかぎり、それは負けではない」

なんとか今年も終わった。
お正月を迎えられる。

ゆっくりと休んでいただきたい。
疲れた体と頭に休息を与えていただきたい。
家族と友達と笑顔で正月を過ごしていただきたい。

良い年を迎えてください。。。

この記事を書いたプロ

DSKプランニング [ホームページ]

経営コンサルタント 網師本大地

愛媛県松山市昭和町65-1 グレースレジデンス102号 [地図]
TEL:050-1565-2605

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
網師本大地 あじもとだいち

「社長の家庭教師」として企業再生に真っ向から取り組んでいます。(1/3)

 長引く経済不況に喘(あえ)ぐ、現在の日本。各企業では、経営改革の名の下に、組織の合理化や雇用調整などのリストラクチャリングが進められています。しかし、とりわけ中小企業の中には、そうした改善策を施してもなお厳しい経営状況にあったり、すでに困...

網師本大地プロに相談してみよう!

愛媛新聞社 マイベストプロ

会社名 : DSKプランニング
住所 : 愛媛県松山市昭和町65-1 グレースレジデンス102号 [地図]
TEL : 050-1565-2605

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-1565-2605

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

網師本大地(あじもとだいち)

DSKプランニング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
つくぼ商工会、岡山県商工会連合会/職員と経営指導員のセミナー、経営コンサルタント

岡山県のつくぼ商工会さんで、経営指導員と職員さん向けにセミナーをやりました。何を会員企業につたえるの...

建設業の経営改善と現場での実効支援/バンクミーティング、経営コンサルタント、経営再建

《キックオフのミーティングで!》 ... 金融機関の役員の方から、「この建設会社の工程管理とか原価管...

建設会社の事業再生の現場から感じること!/決算書を下から見るのが銀行員/経営コンサルタント

債務者と債権者の関係から・・・最近わかってきたことだが・・・数字を下から見るのが銀行員。...

建設会社の粉飾決算と融資のストップ / 銀行を知らない顧問税理士の罪 / 経営コンサルタント

残念な決算書(^_^;)よくある話なのだが…・経営事項審査の点数維持と入札ランク維持のために厚...

銀行からの経営コンサルタントの身元調査/建設業の事業性評価、不振企業の経営改善、伴走型の実効支援

≪銀行さんからの建設業の伴走型の実行支援の依頼!≫最近、金融庁がいう、事業性評価、主要取引先の企業価...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ