コラム

 公開日: 2012-10-14  最終更新日: 2014-06-03

南日本新聞に掲載!/建設会社の生き残り戦略/かごしま市商工会セミナー/経営コンサルタント

10月12日(金)に、かごしま市商工会でセミナー講師を務めさせていただきました。

参加者の皆さんも熱心に聞いていただいて、
本当にありがたいことでした。

翌日の、10月13日(土)に南日本新聞に、
セミナーの内容が記事として掲載されました。

新聞記事なので、少し内容が誇張されてはいますが、
聞いていただいた方々には本意は伝わっていると思います。

30人くらいの参加者でした。
中小企業診断士、行政書士、社会保険労務士、県庁の方、
建設会社の経営者の方、奥さま、経理担当の方、
いろんな方々に聞いていただきました。

業界紙の建通新聞の記者さん、南日本新聞の記者さん、
取材に来られていました。

今回も…
誰も眠らず、誰も話をせず、誰も席を立たず、
誰もメールせず、誰も首折れせず(プロ用語ですが、つまらないと人は下を向く)、
そして笑いも少しありという講演ができました。

二時間弱の講演で休憩なし、聞いていただけてよかったです。
社長の奥様方に・・・
「眠たくなるような講演ばっかりやけど、今日はずーっと聞いてしまったわ!」
「もっといろんな話を聞かせてほしかったわ!」
そう言っていただいて、ありがたいことです(^O^)

何か経営のヒントにしていただきたいと思います。

九州も、鹿児島も、建設業界は厳しい経営環境にあります。
みんなで仲良くは生き残れないと思います。

けれど、10社に1社の生き残り手法は存在します。

電卓・作文の机上の空論でない、明日から経営に使っていただける話をしたつもりです。

社長の家庭教師:http://blogs.yahoo.co.jp/hirossann4141
DSKプランニングのHP:http://www.dsk-p.jp/

南日本新聞

この記事を書いたプロ

DSKプランニング [ホームページ]

経営コンサルタント 網師本大地

愛媛県松山市昭和町65-1 グレースレジデンス102号 [地図]
TEL:050-1565-2605

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
網師本大地 あじもとだいち

「社長の家庭教師」として企業再生に真っ向から取り組んでいます。(1/3)

 長引く経済不況に喘(あえ)ぐ、現在の日本。各企業では、経営改革の名の下に、組織の合理化や雇用調整などのリストラクチャリングが進められています。しかし、とりわけ中小企業の中には、そうした改善策を施してもなお厳しい経営状況にあったり、すでに困...

網師本大地プロに相談してみよう!

愛媛新聞社 マイベストプロ

会社名 : DSKプランニング
住所 : 愛媛県松山市昭和町65-1 グレースレジデンス102号 [地図]
TEL : 050-1565-2605

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-1565-2605

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

網師本大地(あじもとだいち)

DSKプランニング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
建設会社の現場の視察、現場第一主義の経営コンサルタント、経営改善と事業再生

新しい顧問先の現場の視察です。 利益の出ない会社は、 社長も社員さんもお金にあまり興味がない(>_<)新し...

CPDS認定講習/原価管理と資金管理の重要性/(株)鹿児島建設新聞社主催、経営コンサルタント
イメージ

(株)鹿児島建設新聞社主催のセミナーです。6月8日(木)と9日(金)にCPDS認定講習のセミナー講師です。鹿...

建築会社の年間完成工事高と1件工事受注のリスク/企業再建と事業再生、経営コンサルタント

建設業の事業再生をやっていくなかで、いつも考えなければならないリスクというものがある。例えば...

金融機関(保証協会、銀行)の経営再建の依頼 / 経営コンサルタント、建設業の事業再生

2年ぶりの金融機関の本店からの電話そこの金融機関の再生担当の部長がいたときには、かなり相談や訪問を依頼...

誰が建設会社を倒産させたのか?/銀行?、経営コンサルタント?、事業再生、企業再建、倒産回避

銀行の本店からの依頼で入った再生案件があった。・社長に経営能力はゼロ・常務、総務部長、現場監...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ