コラム

 公開日: 2012-03-17 

雑誌の原稿 / 復旧と復興 / 建設会社 / 約定弁済、銀行交渉、資金繰り / 経営相談 / 経営コンサルタント

古いネタですが・・・
何かの雑誌の原稿に書いたものです(*^。^*)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
≪ 復旧と復興 ≫
~ 震災後の建設業界 ~

この度の東日本大震災により被災された皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。一日も早い被災地の復旧と復興、そして街に笑顔が戻ることを、心よりお祈り申し上げます。
被災地の仙台をTMアシストのボランティア活動に参加をして、建設会社の相談を受けたことから、私なりに震災後の建設業界がどうなっていくのかということを予測し、どんな準備や対応が必要なのかを記述させていただきます。

1995年の阪神淡路大震災の時には・・・
・95年の兵庫県では、災害復旧貸付制度や返済猶予などの緊急支援策により、倒産件数は抑制されたが、96年(前年比13%増)、97年(前年比25%増)と増加し、全国平均を上回る結果となった。
・業種的に復興特需が期待された建設業ですら、96年(前年比29%増)、97年(前年比78%増)と、震災の翌年から大幅に倒産件数が増加するという結果となった。

どうしてこのような状況が起きたのか?
・震災以前から経営内容が悪化していた企業体力がない建設業者が、工事件数の増加や売上げの増加にもかかわらず、資金コントロール(資金繰り)ができないために立て替え金や入金遅れが発生し、運転資金融資も受けられず、倒産する結果となった。
・市場単価の著しい上昇により、外注費や労務費や材料費などが大幅に上昇し、利益率が大幅に減少したり赤字工事が増加する結果となった。
・もともと支払い条件や取引条件の悪い元請け業者が、市場の大幅な工事量の増加により、支払先から選別されるような事態が発生した。

復旧工事と復興事業の違い。
・今回の災害復旧工事は激震災害と呼ばれる種類のものであり、5年間以内に災害の復旧工事を終了させることが予算上の大前提であり、3年間で80%の工事を発注しなければならない。(地元の建設業者が受注の中心であり、工事の諸経費率も高く設計変更がないので、利益率が高い工事が受注できる。)
・復興事業とは、街の再開発から計画をされるものであり、事業規模は大きいが早くても
 2~3年後からの発注となることが多い。(大手ゼネコンなどが参入してくる大型工事が多く、工事の諸経費率が低い上に下請けでの受注になるケースが多く、地元の建設業者にとっては仕事はあるが利益は非常に薄いという状況になってしまう。)

 阪神淡路大震災の時には、少なくとも今のような厳しいデフレ経済下ではなかった。
その当時でさえ、このような震災後の被災地の倒産状況があったのである。
 東日本大震災の被災地の中小企業や建設業界にも、阪神淡路大震災後と同じような状
況が起きることが少なからず予測される。

 被災地以外では、昨年度と今年度で公共事業費は30%以上削減される予定である。地
方の公共事業中心の建設会社に与える受注減の影響は非常に大きいと思われる。国会の空
転も重なり、未だに地方自治体の発注は本格的に開始されていない。このままであれば工
事発注が本格的に発注されるのは秋以降になり、それまでの工事が確保できていない建設
会社は資金繰りに窮することになり、運転資金融資が金融機関から受けられない建設業者
は倒産という事態が発生してしまうであろう。

 このような倒産という事態が被災地や被災地以外の中小建設会社に起きないためには、
決算書を分析して比率や係数を計算するだけの机上の空論コンサルタントではなく、現場
での再生実務の経験が豊富な専門家が時流を読んで未来を予測して経営問題の解決をして
いかなければならないことが期待されている。

 今回のTMアシストの無料経営相談会では全国各地から再生業務の経験が豊富なSRC
メンバーの先生方が集まっており、被災地の中小企業の経営の道標になることはもとより、
会員相互の情報交換や人脈形成にも役立つ活動になると思われます。
是非、皆さんも一度参加をしてみてください。


--------------------------------------------------------------------------------

SRC,TMA,TMアシスト、まだまだ活動は続いています。

この春からが・・・
本当の意味での大切な活動です。

この記事を書いたプロ

DSKプランニング [ホームページ]

経営コンサルタント 網師本大地

愛媛県松山市昭和町65-1 グレースレジデンス102号 [地図]
TEL:050-1565-2605

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
網師本大地 あじもとだいち

「社長の家庭教師」として企業再生に真っ向から取り組んでいます。(1/3)

 長引く経済不況に喘(あえ)ぐ、現在の日本。各企業では、経営改革の名の下に、組織の合理化や雇用調整などのリストラクチャリングが進められています。しかし、とりわけ中小企業の中には、そうした改善策を施してもなお厳しい経営状況にあったり、すでに困...

網師本大地プロに相談してみよう!

愛媛新聞社 マイベストプロ

会社名 : DSKプランニング
住所 : 愛媛県松山市昭和町65-1 グレースレジデンス102号 [地図]
TEL : 050-1565-2605

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-1565-2605

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

網師本大地(あじもとだいち)

DSKプランニング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
CPDS認定講習/原価管理と資金管理の重要性/(株)鹿児島建設新聞社主催、経営コンサルタント
イメージ

(株)鹿児島建設新聞社主催のセミナーです。6月8日(木)と9日(金)にCPDS認定講習のセミナー講師です。鹿...

建築会社の年間完成工事高と1件工事受注のリスク/企業再建と事業再生、経営コンサルタント

建設業の事業再生をやっていくなかで、いつも考えなければならないリスクというものがある。例えば...

金融機関(保証協会、銀行)の経営再建の依頼 / 経営コンサルタント、建設業の事業再生

2年ぶりの金融機関の本店からの電話そこの金融機関の再生担当の部長がいたときには、かなり相談や訪問を依頼...

誰が建設会社を倒産させたのか?/銀行?、経営コンサルタント?、事業再生、企業再建、倒産回避

銀行の本店からの依頼で入った再生案件があった。・社長に経営能力はゼロ・常務、総務部長、現場監...

つくぼ商工会、岡山県商工会連合会/職員と経営指導員のセミナー、経営コンサルタント

岡山県のつくぼ商工会さんで、経営指導員と職員さん向けにセミナーをやりました。何を会員企業につたえるの...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ